喪中はがきが来て思ったこと「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

11月も残り1週間。

この時期になると

喪中はがきが届くことが増えます。

 

父親の元に大阪から

1通の喪中はがきが来ました。

 

なぜ、大阪かと言うと、

我が家は昔、大阪に住んでいました。

 

父親の転勤で37年くらい前に

千葉に越してきたんです。

 

喪中はがきの差出人は、

「45年くらいのつきあい」

だった友達の奥さん。

 

長い付き合いだと言っても、

ここ数十年は年賀状だけの

やりとりだったそうです。

年齢は父親より2つ下。

 

そんな亡くなった父親の友達、

3年ほど前にディズニーランドに

遊びに来たらしく、

「今、千葉にいるんだけど、少し会えない?」

と父親に連絡があったそうです。

 

ですが、父親はあいにく仕事で

抜けられませんでした。

 

友達も夕方には

大阪に帰る予定だったので、

結局、会えずじまい。

 

…それが会える最後のチャンスでした。

 

 

今はSNSで簡単に友達の近況が分かりますが、

分かる故に会っている感じがするのも事実。

 

でも、実際には遠方に住んでいたり

近くに住んでいても

「近いからいつでも会えるべ」と思っていても、

実際問題、何が起こるか分かりません。

 

 

もし、あなたが、

何年も会っていない人、

近くに住んでいても、

しばらく会っていない人、

会おうと思っている人、

会いたいと思っている人がいるのなら、

会っておいたほうがいいな、と

感じた出来事でした。

 

 

合掌

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)