未完成のままでいい理由「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

ここ数年間、考えていたことで、

去年の今頃、やる気が出て、

今年の夏にそこそこ満足が行く

プラットフォームに出会い、

少しずつ完成を

目指してきたものがあります。

 

それが、腰痛や首、肩の痛みなど

『部位別に分けた症例集』のサイト、

【整体知恵袋archive(アーカイブ)】です。

 

これは非公開のもので、

メンバーサイトになるんですが、

走らせてからも、サイト内の

修正、修正、また修正…と

なかなか思っていたように行っていません。

 

ある程度、出来上がったかな?と思うと、

新しく気になるところや、

「(最初から)こうすればよかったのに…」

と色々、気になってきます。

 

 

そんな時、思い出した、

「神社仏閣は常に未完成」

という言葉。

 

どういう意味かと言うと、

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

物体は完成すると

そこから同時に崩壊が始まる。

そこであえて未完成で置いておく。

 

つまり、

 

完成した瞬間から

崩壊のプロセスが始まるので、

これを避けるためには、

「完成しなければよい」

と考え。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

なかなか深い思想です。

 

そういや、

マイクロソフトだって、

アップルだって、

バージョンアップがあるのは、

「未完成でリリース」しているから、

ですもんね。

 

そう考えたら、

完成させてリリースさせる、

なんてことをしていたら、

リリース前に死んでしまいますw

 

死ぬ前に出せてよかった

【整体知恵袋archive】の登録はこちら。

アーカイブメンバーになる

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)