肩関節の症状は頭をみろ!?「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は、肩の動きの調子がよくない時、

動きに制限がある時、

上肢に問題がある時、

「一応」見ておいたほうが

いい場所を紹介します。

 

それは、

後頭骨結節 です。

 

身体均整法古典によると、

「手の異常は後頭骨結節に現れる」

という記述があります。

 

これを最近、思い出した私は、

まず自分で試してみました。

(身体均整法創始者の亀井師範は
「聞きで他に語るな、
自ら確かめた上で語り、喋れ」と
遺しています)

 

私は左肩に違和感、というか、

肩関節の屈曲、伸展、外転をすると、

引っ掛かり感と若干の痛み、

そして、可動制限があります。

 

ですが、

 

後頭骨結節の硬さ、緊張を解くと、

外転時の諸々の症状は無くなります。

 

そして、

 

逆側の後頭骨結節の硬さ、緊張を解くと、

屈曲、伸展時の諸々の症状がよくなります。

 

もちろん、個人差や刺激の量、強さ、

症状歴などあるので、

 

「これでOK」

 

と言うわけにはいきませんが、

1つの案として先生の施術技術の

ストックにしておいてください。

 

 

1つの症状に対して、いくつもの解決策を

持って(知って)おけば、

患者さんに対しても自信を持って

施術することができるようになりますよ!!

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)