ステーキハウスと松下電器と整体と「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は人気ステーキ店から学ぶ、

事業展開の方法についてお話を

させていただきます。

 

いきなりステーキが44店舗閉店

というニュースがありました。

 

(参考:https://togetter.com/li/1446093

 

なぜ、そうなったのか詳細を見てみると

多店舗展開が自社競合となり

足を引っ張っているということ。

 

「おいおい、それ、

気付かなかったのか?」

 

とツッコミたくなりますが、

そのほかに別の理由もありました。

 

 

それは、

 

 

競合が同じような業態をやり始めたんです。

 

 

私は、いきなりステーキに

行ったことがありませんが、

肉厚の牛肉をグラム単位で

切り落としていただくスタイルで

肉マニアにはたまらない映え、

ジュージューと肉が焼ける音、

肉を見なくても

ヨダレがでてきちゃいますよね。

 

・肉

・切り分け

・焼く

 

と言う単純な流れがマネをされた。

 

オープンした当初は

肉をグラムで切り分けてから

焼くなんてサービス、

無かったと思います。

 

無かったからこそ、人気が出て、

マネもされるようになった。

 

マネをされて

似たような業態(商品・サービス)が

そこそこ出てくると、

消費者視点では

「似てればいいよね…?」

という妥協が出てきます。

 

そして、行きつく先は、

「安いところ」

で比べられてしまいます。

 

もちろん、

マネをすることもいいことです。

 

松下電器(現パナソニック)は

昔、ライバル企業のソニー製品をマネして

似たようなものばかり作っていました。

そして、

「マネシタ電気」

と揶揄されていました。

 

創業者の松下幸之助も

「ウチは東京にソニーという工事がある」

と、平然と言っていました。

(松下電器は大阪府にありました)

 

ですが、

松下電器は単にマネをするだけでなく、

その上を行くものを作る努力を

惜しみませんでした。

 

いきなりステーキをマネした側は

本家に負けないような

見えない努力をしたんでしょう。

あとは、資金力ですかね?

 

まとめると、

 

施術のテクニックも

マネのされないテクニックが

必要ということ。

 

患者さんが引っ越ししても

在来線で2時間乗り継いで院に来る、

「先生じゃないとダメなんです」

と言われるようなものになっていますか?

 

今はそうではない先生も来年は

そこを目指して

技術アップをしていきましょう。

 

 

追伸:

目黒区にある

ステーキハウス リベラは、

マネされることがないと思います。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただき
ありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)