週6で1ヶ月、整骨院に通っていたけどよくならないってどうなの?「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

先日、久しぶりの患者さんが

お見えになりました。

 

以前は腰で今回は肩。

出産を経て、間が開いてしまいました。

 

肩はバドミントンで痛めたということで、

坐位で肩の屈曲、

側臥で肩の外転の可動制限があり、

特に外転は腕が耳につかない、

途中で止まってしまう感じでした。

 

話を聞いていくと

整骨院に行っていたとのこと、

 

整骨院で言われたのは、

 

「右肩が前に出ている」

「体が細く、筋力がないから
運動する時に負担がかかる」

「体幹が弱いから腹筋しましょう」

 

ということでした。

 

私からしたら、

どれもクソみたいな話です。

 

話を聞いていてイライラしてきました。

そんなクソみたいな話を

平気でする柔整師がいるのかと。

 

この患者さんの肩の痛み、

側臥で外転の痛みは、拇指の筋膜調整で

腕が耳につくようになりました。

 

あとは、

肩甲上腕関節と背部を緩めて終わり。

 

これだけで、痛みがなくなりました。

 

 

何も自慢をするために

こんな話をしているわけではありません。

 

大事なのはここから。

 

実はこの患者さん、

整骨院に週6で1ヶ月、通っていて、

1回の施術代が1,680円と言うじゃないですか。

(4週×6日=24×1,680円=…
計算してくださいよw)

それでいて、

ちっともよくなっていない。

 

そこで、私は聞きました。

 

「以前、腰で来てくれていた時、
4回くらいでよくなっているのに、
なんでわざわざ整骨院に行ったんですか?」

 

すると患者さんは

「保険が使えるから」と言うので、

 

「じゃ、週6で整骨院に通って、
よくなってない肩のままで使った金額と、

前回のように5回ウチに通って
腰がよくなって、かかった金額、
どっちが安いですか?」

 

と聞いたら、黙り込んでしまいました。

 

敢えて意地悪なことを聞きましたが、

「運動した痛みは電器やテーピングを
しないとよくならないと思った」

と言い訳的に話してくれました。

 

なるほど。

 

そう思わせてしまうのは、

こちらの情報発信が弱いのかな、

と逆に勉強になりました。

 

ホームページの情報も

やる側目線ではなく(YOUメッセージ)

受ける側(Meメッセージ)にしないと

いけないなと、改めて感じました。

 

この話に関して、他にもっと

話をしたいのですが、

なんか愚痴っぽくなるので、

やめておきますw

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)