思い違いを無くそう「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は

「思い違いを無くそう」というテーマで

お送りしたいと思います。

 

 

「オレ、そんなこと教えたっけ?」

「…えっ?」

高校3年生になった時、

バイトをはじめました。

 

家からも最寄り駅からも遠い、

セブンイレブンで。

 

当時は時給が高校生で

680円くらいだった覚えがあります。

 

 

始めの1週間は、とにかく掃除。

店内の床磨き前にホウキで粗ごみ取り。

クイックルワイパーの

でかいやつで細かいゴミ取り、、

 

モップでの水ぶき、

トイレ掃除、

店外の犬走り、

灰皿掃除…

(ベスト・キッドが酔拳かよw)

 

掃除好きな私にとって

苦ではありませんでしたが、

コンビニ=レジ打ちと

勝手に思っていたので、

「早くレジ打ちしたいぃぃ」と

思いながら掃除していました。

 

掃除のほとんどを店長のオリタさんが

教えてくれたのですが、

如何せん、初めてのことばかりで、

どこか勘違いしていたのでしょう。

 

冒頭の会話は、働き出してしばらくして

たまたま私の掃除姿を見た

オリタさんが言った一言です。

 

どうやら、

教わった掃除の仕方ではなかったようです。

 

もちろん、「キレイに掃除」というは

広義では問題ありませんが、

「セブンイレブンの掃除」という狭義なかでは、

“掃除マニュアル”みたいなのがあるので、

それに沿わないとよくないんです。

 

効果、結果を出すためには、

それなりの型があるわけです。

 

施術も同じで、

ある程度の効果、結果を出すため、

いくつものテクニックがあります。

 

そんなテクニックも先生がよく使うもので

実は壮大な思い違いをしていて、

間違った手勝手、
間違った刺激の方向、
間違った圧定の仕方など

やらかしているかも知れません。

 

新型コロナウイルスで自粛、巣ごもり、

患者さんの来院が少ない、など

時間がある今だから、

テクニックの見直しをしてみると、

思い違いなテクニックを使っていた、

なんてことがあったり、

本を読み直すことで、

今まで気づかなかった発見、

新しいヒラメキを得られるかも!?

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)