遠隔治療という呼び名について「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は「遠隔治療」をテーマに
お話させていただきます。

その前に、
これらの商品のことはご存知でしょうか?

「通勤快足」
「お~い お茶」
「鼻セレブ」

それぞれ、上から、

男性用靴下
ペットボトル入りのお茶
花粉症の人向けティッシュ

ですが、

これらの「前の名前」を知っている人は
あまりいないと思います。

通勤快足→フレッシュライフ
お~い!お茶→缶入り煎茶
鼻セレブ→ネピア モイスチャーティッシュ

という名前でした。

「商品名を変えてなんなの?」

と思うかも知れませんが、
商品名を変えると、恐ろしいことがおきました…

 

フレッシュライフは改名後1年で13億、2年後には45億円に
缶入り煎茶は売上6倍
モイスチャーティッシュは売上3倍になりました。

商品はまったく変えずに、
ネーミングだけ変えただけですよ?

 

ここから私たちが学べることがあります。

整体でも「遠隔治療」をしている先生もいますが、
「遠隔」だと、同業者なら、
興味津々でその言葉のチカラに「おっ」となりますが、
相手にしているの、あくまでも患者さん。

なので、「遠隔治療」だと
正直言って、胡散臭い、怪しい、
まやかし、サギ?効果あるの?と思われても
不思議ではない感じです。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で
「リモートワーク」
「オンライン会議」
「オンライン飲み会」など
「オンライン」とか「リモート」という言葉が瞬く間に
市民権を得ました。

そんな中、治療家の私たちは
色んな面で時代と逆行している部分があります。

なので、もし先生が
「遠隔治療」を行っているのであれば、
「遠隔治療」ではなく、
「オンライン整体」、
「リモート整体」に
したほうがいいのでは?と感じました。

ネーミングというか、名前は私たちが
思っている以上に消費者は敏感ですから。

もちろん、
遠隔治療をしていない先生にも
これは効果的で、単に施術を
「整体60分」ではなく、
肩や腰に特化したコースを作り、
それに即したネーミングをつくることで、
患者さんの興味を引くことができますよ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)