簡単に集中力を上げる方法「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は
「集中するなら場所を変えろ」をテーマに
お話させていただきます。

今日の内容を知ることで、
作業、仕事の生産性が確実に上がります。

 

柔整の学校に通っているころ、
同じクラスで、同世代のS山とS藤が
日曜日になると、二人でファミレスに行き、
昼過ぎから夜まで籠って勉強をしていました。

この話を当時、聞いたとき、
そこまでしているのか…と思いましたが、
今なら、その理由が分かります。

 

数年前、家から自転車で5分くらいの場所に
“サードスペース”のスタバが出来て、
何かあると、スタバに行くようになりました。

何をするのかと言えば、

動画の編集したり、
ブログ書いたり、
患者さんへのダイレクトメール作ったり、
Facebook広告作ってみたり、

なんか色々です。

ぶっちゃけ、家でもできるっちゃできることを
わざわざ、自転車漕いで、店に行き、
コーヒー買ってまでやる。
それには理由があります。

【集中と環境の問題】

人の集中力は金魚より短い8秒と言われています。

なので、
強制的に集中できる環境を作ってしまおうという事。

スタバで作業を3時間行うのと、
家でだらりとしながら作業する3時間、
どちらが効率がいいのか?

言うまでもなく前者。

 

集中するために必要なことは、

することを明確にしておく。
それを準備する。
(念のため、第二候補にするものも用意)

これだけ。

やることが明確じゃないと
なんとな~く、で過ごしてしまい、
だらけてしまうこうとが多いです。
(経験済み)

 

家だと集中できない理由として、

✓家のものが目に付く。
✓トイレのついでになんかしちゃう。
✓家でやることが頭に浮かぶ。
✓スマホをいじるととまらなくなる。
✓横になってしまう。

などなど、誘惑が多すぎるw

 

他人の目がある環境の自身を置くことの裏付けとして、

昔、工場ラインに労働者しかいない場合と
上司がいる場合では、生産性がどう違うのか?と言う
実験をした人がいます。

結果は生産性が2割ほど増すということ。

監視ではないですが、見られていることで、

・人の目が気になる、
・褒めてもらいたい、
・注目されたい、

というような心理が働くようです。

スタバに行けば、人の目が気になるので、
ちゃんとやるようになるんですよねぇ。

もし、先生が本を読むとか、院の戦略を練るとか、
何か集中することをしなければならない時は、
院や家よりスタバやファミレスに行こう!!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)