患者さんを納得させるための唯一とも言える方法。「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は
「患者さんを納得させるため唯一とも言える方法」
と言うテーマでお話をさせていただきます。


先日、献血に行きました。

献血に行ったことがない先生に簡単に説明すると、
採血の前に、
今日の血液は献血に適しているのか?を見るために
少しだけ検査用に採血します。

この検査で、諸々の数値が規定の範囲であれば、
献血が出来るんですが、今回もダメでした。

HB値、いわゆるヘモグロビン値が
規定に足りませんでした。

いつもなら、数値の話は聞かされないんですが、
今回はこちらが聞いたこともあり、
献血ができる数値のミニマム、
自分の今回の数値も聞くことができました。

そしたら、学校の試験で言えば、
あと2,3点足りなくて赤点になる感じの数値。

でも、規定の数値がボーダーなので、
ダメなものはダメ。完全にアウトです。

なので、今回も献血は見送りです。

そして、献血がダメになったこの時、
思ったことがあります。それは…

数値化や可視化など、第三者がみても
分かるくらいに明確化できることが
納得させるための唯一の方法。
と言うこと。

この話にピッタリな例として、
昔、働いていた
チェーン展開している整骨院の話します。

「何か新しいメニューを」と言うことで、
スタッフ間で話した結果、
SOTのブロックをやることに。

SOTを院で取り入れている、または、
したことがある先生はお分かりかと思いますが、
術者には患者さんの骨盤の歪みと言うか、
傾きが分かりますが、
患者さんには全く分からないんですね。

だから患者さんもSOTの自費治療を受けようと思わない。
受けてみても、2回目はない、と言った感じでした。

そこで、当時の院長が思いついたことは、
SOTを受けてくれた患者さんの
施術前の状態、
ブロックを入れた時、
抜いたあとの状態をデジカメで撮って
患者さんに見せる、ということでした。

一見、手間がかかりそうですが、
これをやり始めたら、
SOTを受ける患者さんが増え、
自費の収入も上がりました。

自分でも分からなかった歪みが
デジカメで写真を撮り、
それを自分でみることで、
「よくしないといけない」という琴線を
揺らすことができたんですね。

こんな感じで、
患者さんを納得させるためには、

患者さん本人が目でみたり、
体感、体験してもらうことが必要です。

 

ここまで読んで、

「うちはブロックやってないし」なんて
言っている場合ではなく、施術前に、

どんな動きが出来ないのか?
どんな動きがやりにくいのか?
どんな動きなら出来るのか?

をお互いに共有しておくことで
簡単に解決できます。

この共有があれば、施術が終わった時、
施術前に出来なかった動きが、
どれだけ改善しているのか?ということが
術者はもちろん、患者さんにも分かります。

また、(ここ重要)
次回以降、来院された時、
前の状態と比較が容易。

患者さん自身の動きなので、
折り紙の帆掛け船のように
だまくらかすことはできません。

患者さんもお金を払ってくれるのですから
わざわざ痛いマネをする必要もありません。

また、もつと触ってほしい(揉んでほしい)感じの
アピールをする患者さんに対しても、
「もう、痛くないでしょ?」と
断りを入れることもできます。

「気持ちよかった」
「スッキリした」と言うような声もうれしいですが、
やはり整体師は、施術が終わった後に
出来なかった動きができるようになったり、
痛みがなくなっているほうがうれしいですよね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)