オマケの方がよくなっちゃう話「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

 

一通り、施術が終わった後、
患者さんがポツリ。
「○○もして欲しい」
なんて言われたこと、ありませんか?

コレ、後出しじゃんけんと言えば
後出しじゃんけん。

本当なら問診段階、施術前に
言ってもらうと助かるんですけどねぇ。

まぁ、
そんなこと言ってもキリがありません。

そのテクニックを修得した経緯とか、
よくすることができなかった患者さんがいたから、
今のテクニックのキレがあることを踏まえれば、
「ついでに」みたいな感覚で
言われちゃうと困ってしまうんですが、
そんなことは患者さんにはカンケーありません。

次の患者さんも待っているし、
着替え、お会計、次回の予約の時間を考えると、
そこまで時間をかけてらんないというのが本音。

即興的に且つ、確実に結果を出さないといけません。
この時、脳内でその症状にマッチしたテクニックを
どれだけ早く、導き出すことができるか?が
カギとなります。

そのためにはホント大量のインプットしかなく、
この時、オマケ的に行使したテクニックが意外と、
元々の症状よりよくなっちゃったりして、
この後、症状がもう出ない、
なんてこともあります。

深く考えて施術をするのももちろんですが、
頭に浮かんだ調整法、調整点をパパッとした方が
施術効果が上がることもあるかも知れませんね。

これがいつも出来たら苦労しないんですが…

 

追伸:
こちらの動画は確認されましたか?
ページに飛ぶと7つの腰痛症例解説動画を
観ることができます。
腰痛7つの症例解説

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)