施術でこんな経験ありませんか?「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

 

先生はこんな経験ありませんか?

・なかなか症状が改善しない患者さん。
・自分の今までの知識、技量を用いても
症状変化が乏しい、
・手がサラサラと動かない、

これらは施術をしていく上で、
周期的にやってくる誰もがぶち当たる壁です。

でも、これらを経験することで
その先に得られるモノがあると言うことを
ほとんどの先生は知りません。

その得られるモノに比べれば、
これらの壁なんて屁みたいなもんです。

それがなんだかわかりますか?

 

それは、「技術力アップ」です。

 

例え、その患者さんの症状改善に
時間がかかったとしても、
自分で調べたことは、
身になり、知識となり、
自分の施術スキルを上げてくれます。

そして、これから先の施術において、
まだ見ぬ患者さんに向けての
技術のストックにもなります。

自分の技術の再確認にもなるし、
調べている途中で、
別の新しい発見もあるでしょう。

難しい症状の患者さんが来られた時、
改善しない症状に対し、
お手上げ状態で
茶を濁すような施術をして、
次回の来院を逃すのか?

自分のスキルアップの時だと捉え、
患者さんに
「次回までに勉強しておくから、
また来てください」と言うのか?

長い手技者人生を考えた時、
どちらが自身と患者さんのためになるか?

言わずもがなですよね。

調べることも大事ですが、
実際の事例を知る、観ることも大事です。

事例集の詳細を見る

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)