テレワークで増加の弊害「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

テレワークが増えたせいで、
「腰が痛い」
「首が痛い」
「背中が張る」など、
これまでよくあった症状が
長期化、慢性化してきている人が
多くなってきました。

それに伴って増えているのが、

痔と膀胱炎

今日はそんな話をシェアしたいと思います。

痔ですが、
これは頭のテッペンにあるツボ、

【百会】

を使います。

ぎゅ~っと押さえるのではなく、
母指を重ねて、百会に当てて、
四指を側頭骨に沿わします。

その四指でかる~く側頭骨を引き、
親指に圧を集めます。

それくらい軽い刺激を何回か加えます。

さすがに1回では良くなりませんが、
何回か繰り返すと痔は治まってきます。
(胸椎12番に歪みがあればそれを先に調整)

ちなみに百会ですが、
全骨格筋の可動性をよくしたり、
血圧を下げたり、鼻炎、鼻づまり、
腹部硬結の緩解など、その応用範囲は様々。

なかなか「痔なんです」と言って
来院する人はいないと思いますが、
そんな話の流れになった時、ダメもとで
施術してみると喜ばれるかも知れませんよ。

知っておいて損はないと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆☆追伸☆☆
効果のあった症例を解説しています。
【見るだけで臨床経験が積める】
整体知恵袋ライブラリー
→ http://seitaichiebukuro.online/optin/1-2/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)