1. TOP
  2. 整体
  3. 首を緩ますなら腹を緩めろ「整体知恵袋.com」

首を緩ますなら腹を緩めろ「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。


今日は「首の緊張を緩めよう」を
テーマにお話させていただきます。

新型コロナウイルスの猛威も
だいぶ落ち着いてきた感じですね。

コロナのおかげ?で
この先10年はかかると言われていた
オンラインでの仕事の効率化が
この1年半ほどでほぼ仕組み化が
出来上がったようです。(業種によりますが)

うちの院でも「テレワーク」で
首が、肩が、腰がという感じで
今までにない感じの症状を
訴える患者さんが増えました。
(既存患者さんですが)
今日はテーマでもある
「首の緊張」
を緩める話なんですが、

そのポイントは

「後頭下筋群」

です。

タイトルにもありますが、
腹で緩めよう。ということです。

その前に、なんで後頭下筋群なのか?

後頭下筋群は目の動きと関連していて、
目が動けば後頭下筋群も
それなりに動くんですが、
パソコン、スマホ主体の生活になり、
ほとんど目を動かすことがない
生活スタイルになってきました。

こうなると、
後頭下筋群もその仕事を忘れてしまいます。
これが後頭痛や首の肩がこる、
と言った原因になってきます。

これだけだと、ネット上を探せば
出てくる情報だと思うんで、
この先を行く情報を
先生にシェアしたいと思います。


身体均整法的には

右の後頭(C1)は膵臓
左の後頭(C2)は腎臓と

関連していると説いています。

なので、

後頭下筋群を緩めるのも大切なんですが、
なかなか解消しない時、
右首なら膵臓、
左首なら腎臓へのアプローチをしてみてください。

とは言え、

ダイレクトに内臓に刺激を入れるのは難しい。
そこで便利なのが、
「経絡経穴」です。


膵臓なら「滑肉門」
腎臓なら「天枢」

両穴ともお腹にあるので、
めんどっちい時は、両方緩めちゃいましょう。


この経穴を緩めと
後頭下筋群の緊張が改善することが多いです。

これには患者さんも驚きますよ。
「お腹からきてたんじゃ
他所に行ってもよくならないワケだぁ」と。

全員が全員、お腹で改善するわけではありませんが、
一つのアプローチ法として、
先生の技術ストックをしておくと
役に立つ日がくると思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】

姓
メールアドレス



					

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 高齢者の交通事故の原因?「整体知恵袋.com」

  • 歪みは全部悪なのか?「整体知恵袋.com」

  • オンラインの破壊力をみた「整体知恵袋.com」

  • できるのか?できないのか?「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 肩胛挙筋を緩める“カンタン”な方法「整体知恵袋.com」

  • 仙腸関節調整だけが全てではない「整体知恵袋.com」

  • 「こんな人は今の時代、来ない」じゃなくて「整体知恵袋.com」

  • じっちゃんの話「整体知恵袋.com」

  • 【実例】頭が痛い。「整体知恵袋.com」

  • 満腹状態と急性状態の関係「整体知恵袋.com」