1. TOP
  2. 未分類
  3. 時短施術を検討中(というか、している)「整体知恵袋.com」

時短施術を検討中(というか、している)「整体知恵袋.com」

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 276 Views

こんにちは。
整体知恵袋のたなかひろやすです。


最近、生活に欠かせないものが
どんどん値上げしていますね。


値段は据え置きだけど、
中身(量)が減っていることもあり、
残念な気持ちになります。

それでもその商品が好きとか、
値上がりして逆にクオリティが上がった、

なんて言ったら、

元々のお客さんは喜んで買うだろうし、
他のブランドには行かなくなると思います。

施術もしかりで、
今、ウチは施術時間の短縮を試みています。

と云うのも、

院長も春に78歳になり、週5でフル勤務。
息子であるワタシには弱音は吐きませんが、
(ボヤキという弱音はでますw)
さすがに体力的にしんどそう。

これまで、平均したら40~45分くらいだった施術時間を
30分にしようと。
と、言っても15年くらい前は
それくらいだったんですが…

今はややこしい症状の患者さんが増え、
原因を特定するまで時間がかかったり、
患者さんも
「首と腰と、膝と足首と…」と色々言うので、
それをいちいちその日に診ていたこともあり、
時間がかかっていました。

理想としては、15分~20分で症状改善。
残りの時間でほぐし。というのがベスト。

「ほぐしやらなきゃいいじゃん」と
思われるかも知れませんが、
昔、実験したんです。

昔、女性スタッフがいたんですが、
「調整後、ほぐしをする、しない」
「メンテナンスの患者さんはほぐしだけ」
という風にしたんですが、

メンテナンスで来られていた方の一定数は
来院回数が減り、
そのうち来なくなりました。

調整後にほぐしをしない、
要は痛みだけ取って終わり。

これも、よくなるとメンテナンスにも来ない、
痛くなっていろいろ貯めてから来る。


ということで、調整後、ほぐし、
または
ほぐして調整というのが、
ウチの患者さんが長く来てくれるカタチとなったんです。

昔のやり方に戻ったと言えば、
それまでですが、如何せん
昔と患者さんが持ってくる症状が違いすぎるw

それに対応できるように研鑽していますが、
追いついていないのが現状。


冒頭で言ったように、
金額が上がろうが時間が短くなろうが、
今まで以上のクオリティが提供できれば、
患者さんは離れて行かないし、

離れて行って他所に行っても、
同じクオリティを感じられなかったら、
また戻ってきます。

時短施術の成果のほどは
また時がきたら(*^-^*)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】

姓
メールアドレス



\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 伸びない腰は腹をやれ「整体知恵袋.com」

  • 膝は腰、腰は膝「整体知恵袋,com」

  • なで肩に対する矯正法「整体知恵袋.com」

  • 自分から取りに行け!‼「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • テレワークの患者さんに学ぶ姿勢の重要性「整体知恵袋.com」

  • 患者さん、啓発している?「整体知恵袋.com」

  • 感覚の違い「整体知恵袋.com」

  • 骨格だけ見ていてはいけない「整体知恵袋.com」

  • よくなるタイミングを見極めよう「整体知恵袋.com」

  • 見られていることに気づけ「整体知恵袋.com」