1. TOP
  2. マインドセット
  3. 難しい症状の患者さん、みたい?「整体知恵袋.com」

難しい症状の患者さん、みたい?「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は

「院内のルール」

というお話をさせていただきます。

 

この話を知ることで、

「みんな同じ」とか、

逆に「突出した特徴」とか、

「思い切った差別化」とか

しなくてもいいんだ、

というマインドを持つことができます。

 

 

それは、言い換えると、

『敢えて色んな患者さんを
取り込まないでいい』

ということです。

 

だからと言って

「○○専門」としなくてもいいんです。

 

専門的にすることで、

難しい症状に対応しようとしても

患者さんの期待値が上がるので、

先生自身、施術のたびにプレッシャーに

耐えないといけなくなります。

 

二十年来の整体師友達は、

「難しい症状を見れば、
(手技に対して)自信につながる、
と思っていたけど、
最近、違うことに気づいた。

難症状用の技術があるわけではなく、
患者さんを健康にする技術が
あればいいんだということ」

 

だったら、逆に、

「こんな患者さんは診ない」

という自分の中でのルールを決めた方が

自分が望む患者さんだけ

施術をすることができるようになり、

施術も毎日、楽しいはずです。

 

因みに、

私の「こんな患者さん、診ない」は、

・予約を連絡なしでキャンセルする。

・強く揉んで欲しい患者さん。

・私の施術の根底にある
「痛いところと原因場所は別」という
考えに賛同できない患者さん。

などです。

 

先生ご自身、

または院内でのルールはありますか?

 

決まったルールがない、というような場合、

先生が見たくない、

付き合いたくない患者さん像を

書き出してみてください。

 

書き出すことで、

潜在的に意識するようになるので、

自然とそんな患者さんは来院しなくなり、

先生がみたい、付き合いたい、

価値観が同じような患者さんが

来るようになりますよ。

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 直接的?間接的?「整体知恵袋.com」

  • 瞑眩反応について「整体知恵袋.com」

  • おすすめの本を紹介します「整体知恵袋.com」

  • 専門書の正しくない読み方「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • いつまで見て見ぬふりしますか?「整体知恵袋.com」

  • 勉強会には参加するな!!

  • 「まだよくならない」と言う患者さんに…「整体知恵袋.com」

  • 自分で自分の治療なんて受けられないよね?「整体知恵袋.com」

  • 甘ったれてんのか?

  • 長引く腰痛。そんな時は…「整体知恵袋.com」