ヌイても大丈夫…?「整体知恵袋.com」

 

整体知恵袋の田中です。

 

女子プロゴルファーで

今年、大躍進した渋野日向子選手。

賞金女王には惜しくも届きませんでした。

 

今シーズンも終わり、記者会見で

「オフに何をしたいか?」と聞かれ、

「クリスマスに親不知を抜きます(笑)」と

答えていました。

 

このニュースをみて、

「来年は大丈夫か?」という不安と

「来年はもっとイケるな」と言う期待が

半分半分でした。

 

何故かというと、アスリートにとって、

「嚙み合わせ」は

戦績と関係している部分があるからです。

 

しかも、スポーツ歯学という言葉、

専門分野があるくらい。

 

都市伝説の域を出ないのですが、

プロ野球入りしたドラ1の選手は

契約金で歯の治療をして

翌シーズンに備える、

なんていう話も聞きます。

 

私たち一般人でも、

力仕事でグッと力を入れる際、

奥歯に掛かる力は50kg~100kgにもなります。

(食事中に舌や頬っぺたの内側を
間違って噛んでしまった経験はあると思います)

 

世界のホームラン王、

王さんも、金字塔と交換に

奥歯がボロボロになった話は有名。

 

プロ野球選手は打球を遠くへ飛ばしたり、

100キロ以上(時には150キロ)の球を

バットで瞬間的にミートさせ、はじき返し、

ヒットはもちろん、時にはホームランにします。

 

このインパクトの瞬間に掛かる奥歯への力は

200kgから最大1tにもなるというから驚きです。

 

まぁ、実際、

嚙み合わせがいい選手は、打率や

飛距離もいいという研究結果も出ていますし。

 

なので、

渋野選手の「親知らずを抜く」発言を

放っておくことができませんでした。

 

もちろん、スポーツ選手だけでなく、

私たちも歯は大事。

 

これは私の経験談ですが、

肩こりで通院されていた患者さんが

ある日を境にピタリと

見えなくなったことがありました。

 

しばらくしてから、ふらりと見え、

「今日は、報告だけなんだ。

歯の調子が悪くて歯医者に行ったら
親不知が虫歯だったんで抜いたら
肩こりが無くなったんだよー。

だから来なかったの。
もう大丈夫だから、今までありがとね」

と言い残し、本当にそのあと、

お見えにならなくなりましたw

 

それ以来、

肩こりや頭痛がある患者さんに

「歯の具合」

も聞くようにしています。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)