1. TOP
  2. 独り言
  3. 考えの違い

考えの違い

 2017/05/30 独り言 行動心理 院内
この記事は約 5 分で読めます。 348 Views

こんにちは。

「痛みがなくても定期的に通いたくなる

治療院を創る手書きはがきの匠」田中博康です。

 

今日は「考えが違う」です。

 

考えが違う。と言うより、考えを同じに。

と言った方がいいかも知れません。

 

院にお見えになる患者さんの中で

そんなに多くはないのですが、

過度の期待をかけて来られる方がいます。

 

そんな患者さんに限って、

 

「他所の整骨院に3か月、半年、通い詰めたけど…」

「口コミが多い整体院に行ったけど…」

「整形外科に行っては見たけれど…」

けど、けど、けど…

 

出てくるのは患者さんの他所の院の辛口レビュー(笑)

 

患者さんの本音

これは、他所では、患者さん本人が

思っている以上のものが得られなかった。

ということを表しています。

 

こんな場合、患者さんが元々、持っている

「今すぐ、こうなりたい」

「昔はこうだった。こんなはずじゃないのに」

「現状に満足していない」

など、今の体の状態での理想、

求めているものが高すぎる傾向があります。

 

体の状態を見れば、それが「“現状では”無理がある」のですが、

患者さん本人は、一刻も早くよくしたいもんだから、

気持ち的にどうしても焦ってしまうんです。

 

施術をする前に…

そこで、無暗に施術を始めてしまうと、

患者さんが先に行っていた

整骨院や整体院、整形外科と同じことしか起きません。

 

あなたの院にお見えになる患者さんは、

あなたの院が初めての院ではないことがほとんどです。

整骨院、整体院、整形外科めぐりをして、

かなり考えがスレています。

なので、同じことをしてはいけません。

 

患者さんもバカじゃないので、

巡り巡ってあなたの院に来られた患者さんには、

他所と違う事をしてあげないといけないんです。

 

文句を言う患者さんに言えますか?

あなたが違う事を提案したはいいけれど、

もしかしたらそれは患者さんは求めていないかも知れません。

でも、それをした方が明らかに症状改善が出来るのに…

そんな時には患者さんに言ってやりましょう。

「じゃ、前に行っていたとこに戻ってください」と。

 

すると、大体は、

 

「〇〇(そこの院の否定的なこと)だから、こっちに来たのよー」

と、言いますよ。そうなれば、主導権はこっちが握ったのも同然。

こちらが言う事を聞いてくれます。

(別に、脅迫めいたことをしろ、と言うことではありません)

 

施術を行う前に必要なこと

ここで必要なのは、他所がその患者さんに

していなかったであろうことをすること。

 

それは、細かい検査かも知れません。

自費の効果の説明かも知れません。

明確な施術計画かも知れません。

施術後の説明かも知れません。

 

ここで言いたいのは、ちゃんと見立てをして、

「いま、〇〇な状態だから、まずは□□が出来るようにしましょう

と言うように、順序立てて良くしていきましょう。

という考えを患者さんに教えることが大切です。

 

やる側が思っている「現状で持って行ける体の状態」と

受ける側が思っている「すぐに、こうなりたい体の状態」は

一致することはなく、こればかりは、ちゃんと話をしないと

マッチすることはありません。

 

なので、最初に

現状、患者さんがどういう状態なのか?

今の自分の技術で、

何回くらいで、どのくらいの程度まで、

改善させられるのか?を考えて、患者さんが求めている

大きなゴールの前に、小さなゴールを

いくつか設定しておくことが大事になります。

 

 

今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

「未来に向っての答えはすべて過去の中にある」

 

追伸:

客商売をしているのなら、絶対に知っておいた方がいい

「お客さん7つの層」のレポートプレゼント。

ぜひ、こちらから手に入れてください。

http://mail.os7.biz/m/rS87

ーーーーー<お願い>-----
「整体知恵袋.com」をあなたの周りにおられる整体、整骨院などの手技療法をされている、
または、これから始めようとしているという、お知り合いにご紹介ください。

メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければいつでも簡単に購読解除が出来ます。

無料メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/rS87
お名前をメールアドレスを入力後、「登録」ボタンをお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メールマガジン:整体知恵袋.com
発行責任者:田中 博康
発行者住所:千葉市稲毛区長沼町293
メールアドレス:tanakadf0916□gmail.com(□を@に変えてください)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アドレス変更はこちら
https://mail.os7.biz/mod/rS87
メルマガ解除はこちら
https://mail.os7.biz/del/rS87

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 眼球をほぐそう!!「整体知恵袋.com」

  • これが新常識なのか!?「整体知恵袋.com」

  • 気象病の原因が分かった!?「整体知恵袋.com」

  • エロとエロじゃない間で「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 「痛みがないから大丈夫」ではない。

  • 神の目を持つドクター…?「整体知恵袋.com」

  • 全部一緒にやったらダメ。

  • 10年ひと昔「整体知恵袋.com」

  • 危ないと思われています「整体知恵袋.com」

  • 「まだよくならない」と言う患者さんに…「整体知恵袋.com」