母の日はイベント「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

昨日は母の日でしたね。

我が家は小3の長女が一生懸命、
夕飯とデザートを作るわたしの
手伝いをしてくれていました。

 

先生の院は、母の日に何かしましたか?
こんな日こそ、
なにかやらないと損ってもんです。

なぜなら人は

「理由」

があると行動しやすいからです。
それを裏付ける話として、こんな話があります。

 

大学でコピーを取る実験がありました。

時は試験前。
図書室のコピー機にはノートをコピーしようと、
学生たちが列をなして並んでいます。

その列の前に行き、

「次、コピー、取らせてもらっていい?」

と聞きます。当然、答えは「No」

それでも、60%が
コピーを先に取らせてあげました。

正直、

「みんな並んでいるのだから、お前も並べよ」

ですよね?

 

次に、

「急いでいるから
先にコピーを取らせてもらっていい?」

と聞くと、94%の人が
コピーを先に取っていいよ。と言ってくれました。

 

さらに実験は続きます。

最後は、

「コピーを取りたいから
先にコピーを取ってもいい?」と聞きました。

 

ん?

コピーを取りたいから先にコピーを… ?
当たり前の理由じゃないですか!!

だって、みんなコピーを取るために
並んでいるのだから…ですが、

この

「コピーを取りたいから先にコピーを…」

でも93%の人が先にコピーを取らせてくれた。
と言う実験結果が出ています。
そんな実験からも、人は「理由」に弱いんです。

そんなわけで、

「〇〇の日」はイベントにもってこい。

なんです。

先生も次の「〇〇の日」には何か企画してくださいね。

 

私はすでにやっていて、母の日に
昔、院でイベントをやりました。

「男子禁制の日」にしたんです。

母の日を前に、
既存の男性患者さんには、
「ごめんなさい。母の日は男性は診れません」と。

既存の女性患者さんには、
母の日にイベントをやることを伝え、
「女性限定の日にしました。」
と、はがきを出しました。

当日は近所の花屋さんでカーネーションを購入。

女性患者さんのお会計が終わった時、

「あ、そうだ。渡したいものがあるんです」と、

バックヤードにカーネーションを取りに行き、
(←ここ大事)

後ろに隠しながら、目の前に持って行く。
という演出をしました。

これには、当日、来てくれた方、
全員喜んでくれました。

 

これを読んで、先生がもし、
「へぇー」と言うだけなら、
イケてない治療家です。
こんな時こそ、
患者さんをファンにするチャンスです。

 

例えば、来月は父の日があります。
父の日に最近、送られる花はご存知ですか?

お父さん限定でも、
「お父さんに花をあげよう」でもいいので、
何かイベントを企画、それを事前に告知して、
当日、院に足を運んでもらうような
施策を考えてみてるのもいいと思います。

実は、ほとんど毎日が何かしらの記念日です。
それにかこつけて、何かやってもいいんです。

お灸をやっているのなら、
「9」の付く日は
お灸の数、倍にします。とかね。

 

ぜひ、先生も何かイベントを企画して、
患者さんに院に来る
理由をつけてあげてください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)