膝の痛みについて知っておいてほしいこと「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は「膝の痛み」をテーマに

お話させていただきます。

 

今日の内容を知ることで、

患者さんが「膝が痛くて」来院された時、

何を基準にして問診をしていけばいいのか?

 

そして、問診の結果、

 

長引きそうな膝の痛み、

そうではない膝の痛みの区別が

つくようになり、患者さんへの

施術計画が説明しやすくなります。

 

私はこれまで、

膝の痛みの患者さんに対して、一番に

「正坐ができるか/できないか」と

聞いていたんですが、よくよく思ったら、

 

生活様式が変わってきて

正坐をする機会が少なくなってきているから、

そもそも正坐なんかしなくても、

生活上、困らないんじゃないか?と

思うようになってきました。

 

また、

 

この「正坐ができる/できない」を

聞くのはもちろん、大切なことですが、

 

これって、患者さんに対して、

 

普段しない動作をしてもらい、

痛いのか/痛くないのかを

聞いているんじゃない?

 

ということにことに気がつきました。

 

さらに、

 

「正坐ができる/できない」を聞くことで、

自ら施術の達成レベルを

上げていたことにも気付いたんです。

 

なぜ、そんな考えになったのかと言うと、

私が思う膝の痛みのレベルとして…

 

歩行時痛

踏み込み時

階段上る

階段降りる

しゃがむ

正坐する

 

と言うような感じで痛みのレベル、

症状改善の時間がかかるんです。

 

なので、

タナカヒザイタミスケールの中では、

正坐は(ほぼ)10点

いきなりマックスなんです。

 

その前段階として、

踏み込みと痛いのか?とか、

階段の昇降はどうなのか?を聞いて

患者さんができることを増やしたほうが

少しずつ回復していくので、

患者さん満足度も高いんですw

 

まぁ、正坐ができるようになれば、

前段階の痛みはほぼ良くなるんですがね…

 

でも、まずは患者さんに

「今の自分の痛みはどうなのか?」を

理解してもらうためにも、前述した順番で

患者さんに聞いてみるといいですよ。

 

 

追伸:

最近、気付いたことで、

膝の痛み、昔は「曲がらない」視点だったけど、

実は、曲がらないの前に「伸びない」があり、

伸びないようになってきたら、

膝の危険信号ということを覚えておいてください。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)