前屈しにくい腰痛「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

 

今日は「前屈しにく腰の痛み」について

お話させていただきます。

 

今日の内容を知ることで、

腰痛、特に前屈動作がやりにくいという

患者さんが来た時に

きっと役に立つ時がきます。

 

今回は均整法モード全開で行くので

意味が分からないと思いますが、

 

結論を言うと、

前屈しにくい場合、踵を調整してみたら?

と言うことです。

 

そこに至った経緯を以下、紹介していきます。

 

 

では、行きます。

 

40代後半の女性。

前屈、右屈で左腰に痛み、違和感。

前屈すると左の骨盤が後ろ来ている。

→上後腸骨棘がポコっと出る感じ。

 

これまでも同じ症状で来院されていて、

その度に、仙腸関節の調整をするも戻る。

 

「戻る」ということは、

そこじゃない。という裏返しでもあるので、

違うことをしないといけないということ。

 

ひとまず、前屈しにくいので、

均整法でいうところのフォーム1と判断。

 

フォーム1に関係する椎骨は、

C4、D5、L1、S4

 

ということで、L1に関係が深い

薬指(三焦経)を握り、前屈してもらうと、

左腰が痛くない。とのこと。

 

うつ伏せで背中、腰を見ると、

左腰だけが妙に固く、患者さんも

「あぁ~、そこ固いんです」と漏らす。

 

左腰だから

回旋型のフォーム5かな?と思いながらも

前屈しにくいフォーム1に

関係する椎骨のS4を見てみる。

 

なるほどなるほど。

 

痛みがある左より、右の方が違和感がある感じ。

その右S4の違和感を消して左腰を見ると、

さっきよりかは痛みの範囲が狭くなっている。

ということで、フォーム5で取ろうと、

右下肢をくの字にして見ると、

腰椎の変位がコンニチワ。

 

本来、フォーム5であればD11かS2なんだけど、

L3に出ているということは

ウラ(内展といいます)のフォーム5なのか?

この変位を処理して、

ひとまず立ってもらい、前屈してもらうと

まぁまぁ行くように。

 

すると患者さん、

「限局的な痛みより、

全体的にボワ~と来るよ」と。

 

そして困ったことに

「膝を少し曲げないと前に行かない」

と言うではないですか。

 

「ありゃー、よわったな…」

さっきより悪くなっている感じ?

と思いながらも、頭の中で整理。

 

フォーム1は前屈しにくいんだけど、

前屈する時は踵重心になるから…

 

ということで、

患者さんの踵を“キュッ”とつまみました。

すると患者さん。

「左だけ痛いっ」とナイス反応。

 

そこで、つまんだまま、前屈してもらうと、

腰の痛みはおろか、

膝を曲げなくてもできるようになり、

全く痛みがなくなりました。

 

その後、きちんと、踵(距腿関節など)の

調整をして、左腰の痛み、前屈した時の

左の上後腸骨棘の凸はなくなりました。

 

急性ならともかく、

慢性で前屈がやりにくい患者さんが来たら、

踵をつまんで前屈してもらってみましょう。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)