キャリアを聞かれ、答えたら「そんなもんか」と言われました「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は「治療家のキャリア」という事を

テーマにお話させていただきます。

 

 

この世界って

何年くらいで評価されるんでしょうね?

少し前の患者さんとの会話で

そんなことを思わされました。

 

庭木の剪定をしている患者さん。

膝が痛くて、この2ヶ月くらい

正坐ができないということで、

紹介でお見えになりました。

 

この患者さん、女性なんですが、

植木の仕事は、かれこれ

30年近くされているとのこと。

 

施術中に、ちょっとした会話で

「先生はどれくらい(この仕事)しているの?」

と聞かれたので、「21~2年くらいですかね」

と答えると、

なんだそんなもんか」と、

なかなかな返事を頂きました。

 

同じ業界で20年もいたら、

それなりかと思いますが、この患者さんは

職人の世界に身を置く立場。

 

庭木の剪定も施術も

マニュアルがあってないような感じで、

相手にするのも、その時その時で

出す表情がみんな違うものと捉えれば、

同じような職人気質の仕事。

 

職人30年選手からみたら

20年とちょっとなんて

まだまだ若手なんでしょうね。

 

そんな患者さんにもっと話を聞いてみると、

この患者さん自身も、

「なんでも来いと思えるようなったのは、

最近なんですよ。30年くらいしてようやく」

と教えてくれました。

 

そうか、私は22年目くらいだけど、

まだまだまだなんだなと。

 

まぁ、【脈診30年】とか言ったりしますから

そういう面からみても20年なんて赤子ですわな。

 

キャリアで言うと、

身体均整法の創始者である亀井師範は

「90歳まで現役で仕事をしなさい」

「60歳まではひたすら臨床に費やす」

「60を過ぎたら少し研究をしなさい」

と遺されています。

 

そんな亀井師範の最後の内弟子である

荒井敏夫先生(故人)に2001年の秋に

アポなしで千葉から愛媛まで会いに行きました。

 

当時、荒井先生は76歳位だと記憶していますが、

 

(厳密には「もうすぐ喜寿になる」と

教えてくださいました)

 

昭和50年に亡くなられた亀井師範と同じ時代、

均整法に従事されていたことを考えると

かなりの年数をやられている計算になります。

 

そんな先生が、別れ際に、

「おい。若いの、死ぬまで勉強だぞ」

と言われたことが忘れられません。

 

古参の先生が「死ぬまで勉強」と

仰っているのだから、

キャリアをどれだけ重ねようが

この世界に終わりはありませんね。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)