デマに惑わさるな!!「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は

「新型コロナウイルスから学ぶ情報発信の大切さ」

ということをテーマに

お話しさせていただきます。

 

 

新型コロナウイルスの影響で、

3月から小中高と学校が

休校(春休み前倒し)となりました。

 

そのせいか、スーパーに

 

トイレットペーパーがない!!

箱ティッシュがない!!

即席めん、レンチンご飯、冷凍食品、

そして、

田中の大好きなお菓子がない!!(←ここ大事)

 

どうやら、

「トイレットペーパーと
ティッシュがなくなる」と

Twitterで発信した輩がいたようで、

それがどんどん広がって

周知の大事になったようです。

 

 

この騒動を見て、スマホを持っていない、

パソコンを使う時はDVDを見る時だけという、

この時代の化石のような父親が

 

「NHKで言うとるじゃないか。
紙は大丈夫だって」

 

と、しきりに言っていました。

 

 

これを聞いた時、私も

「そうだよなー」

と思いましたが、次第に違和感を抱きました。

 

その理由として、

 

そもそもですが、

「紙がなくなる」というこのデマ情報、

発信元はTwitterです。

 

それを見た、聞いた人たちが、

わさわさと買いだめをしている可能性が…

 

と、なると、

 

テレビでいくら

「紙がなくなるなんてことはない」

と言っても、

それはテレビを見ている人にとっては、

安心要素になりますが、

SNSをやるテレビを見ない人たちには届きません。

 

その結果、SNSをあまりやらない

年齢の高い人たちが買い物に行くと、

「何もない」状態になってしまいます。

 

情報格差と言えば、それまでですが、

こういう時の情報は、

だいたいがSNS経由で流れるので、

各報道機関も、SNSを活用して

きちんとした情報を流して欲しいものです。

 

まとめると、

テレビがメインで情報収集している人と

ネットメインで情報収集している人がいるので、

それなりにメディアを

使い分けて情報を発信しないと

情報格差という言葉では片付けられませんよね。

 

治療院の集患施策も同じで、

先生の院の広告(チラシ)やホームページは

見てほしい人(ターゲット)が

見れるように(市場)なっていますか?

 

若い世代の患者さんが欲しいのに、

新聞の折り込みとかしていませんか?

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)