長引く痛みはここを診ろ!!「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は

「長引く痛みの原因」をテーマに

お話させていただきます。

 

 

 

膝が痛い、

股関節が痛い、

腰が痛いなど、

下半身、という訳ではありませんが、

 

身体に痛みが出る、

痛みが長引いている、

色々なテクニックを駆使しているけれど、

なかなか症状が改善しない、

 

そんな時、先生に

施術に取り入れてほしい

ポイントがあります。

 

このポイントを施術することで、

意外とさらりと患者さんの症状が

良くなる、なんてことも考えられます。

 

 

 

そのポイントというのが、

足の指(趾)です。

 

 

どういうことか?

事例を含めて、説明させてください。

 

 

私はかれこれ22年くらい

この業界にいます。

 

その間、身体が痛くて困る、

というようなことは

ほとんど起こっていません。

 

これは、

『足趾が伸びているから』

だと思っています。

 

 

業界に入った駆け出しのころから

履いている5本趾靴下のおかげで

足の趾が、ぐわっと開くことができます。

 

患者さんに見せると

「みているだけで足がつりそう」

なんて言われたりしますが、

これが大事ことなんです。

 

 

院に来られる患者さんの

足趾を観たり、触ったりすると、

ほとんどの患者さんが

 

 

伸びない、

曲がっている、

動きが悪い、

趾の裏側が硬い、

趾が開かない、

骨間が狭い、

趾の側面が硬い

 

このどれかに該当しています。

(もちろん、複数です)

 

 

そして、先日、たまたまなんですが、

74歳の父親の足趾を観て、驚きました。

 

なぜなら、足趾はどれも、

すらっと伸びていたからです。

 

父は同世代前後で「痛い」と行って

来られる患者さんのように

痛いところはほとんどありません。

 

もちろん、高齢の患者さんだけではなく、

若い世代の患者さんでも

あちこち痛みがある人は、

先に挙げた7つの症状が

出ていることがほとんどです。

 

まだ完全に

足趾が伸びていれば痛みは出にくい、

と言い切れませんが、

 

症状が戻りやすい、

症状が長引いている

よくわからない痛みがある

 

というような場合、

足趾を診るのもひとつの解決策だと言えます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)