これは睡眠障害なのか?「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

今日は「頭蓋骨の縫合」を
テーマにお話させていただきます。

今日の内容を知ることで
睡眠と頭蓋骨の関係がどんなものなのか?
頭蓋骨はやっぱり、動くよね、
ということを再認識できます。

 

私はかなりの夜型で
寝るのはだいたい3時くらい。

遅くても3時半には
寝るようにしているんですが、

このくらいの時間になっても、
眠気が起きない。
あくびがでないんですね。

だからなのか、
つい夜更かししてしまいます。

変な話、朝の5時くらいに寝て、
7時前に起きるとか、
20時に寝て24時に起きて、
そのまま次の日の夜まで起きてるとか、
みたいなことをしたいのが本音です。

 

一番の理想は昼寝。

院では昼寝をするんですが、
時間にして15分くらい。
(昔、整骨院に勤めていた時は、
90分とかザラでしたけどw)

15分くらいでも、
目覚めがスッキリしていて、
爽快なんです。夜→朝の睡眠よりも。
だから困っちゃう。
昼寝の目覚めの感じが夜の睡眠で欲しい。

ぶっちゃけ、リビングに座ったまま寝て、
そのまま起きる、というのをやりたい。

ちょうど、
今日のアイキャッチ画像のような感じ。

育ちがいいので、
横にならないと寝れないんですw

横になると、眠りにつくのは2分もかかりません。
刹那に寝れますw

 

そんな睡眠のことを調べていたら
身体均整法の蔵書の中にありました。
睡眠についての話が。

抜粋してみると…

◎胸の厚さの左右差が
甚だしく異なるのは眠りが浅い人。

胸部の操作は眠りを深くし、
疲労の恢復を速やかにする。

◎頭蓋骨のラムダ(人字)縫合の
弛緩は醒めてまた寝るクセのある人。
(ラムダ縫合は、頭蓋骨の後頭骨と
左右の頭頂骨を繋いでいる縫合)

◎ラムダ縫合の硬結は不眠症(癖)

◎ラムダ縫合の弾力性がない弛緩は
寝ても寝ても眠い人

とあります。

ラムダ縫合と言っても場所は
後頭まわりで左右に広がっているので、
どの場所(縫合部分)が

硬結で、
弛緩で、
弾力性がないのか?

一概に、説明はできませんが、
睡眠に関して
悩んでおられる患者さんがいらしたら、
ラムダ縫合を詳しく観察、触診してみると
なにか見つかるかも知れませんね。

あ、もちろん、
先生自身でやられても問題ないですよ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)