目的はひとつ!!「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は「一点集中」を
テーマにお話させていただきます。

今日の内容を知ることで、
先生の施術効果はもちろん、
患者さんの症状も改善率がグンと上がります。

 

少し前、ジムのサウナでテレビを見ていたら、
人気YouTuberのフワちゃんが出ていました。

番組内で銅鏡を作るとかで、坩堝をガンガンに熱し、
その中に銅の塊を入れて、溶かす。

それを型に入れて冷ます。
冷えたら、銅の板を磨く、磨く、とにかく磨く。

すると、顔が映るくらいまでになった
銅鏡が完成していました。

完成した銅鏡を観て、

「単なる銅鏡じゃつまらい」とフワちゃん。

歪む鏡(変顔になる)にすることを閃きます。

続けて、いいます。

「みんなこういうの作ると、
目とか鼻とか口とか
色んなとこを変えようとするけど、
それってみんなやってるし、面白くないよね。
だから私はアゴだけ伸びる銅鏡、作るよ~」と。

これには驚きました。

だって、この話、施術も同じことが言えるから。

患者さんが言います。
「肩がこる、首が辛い、背中が張る」

足をほぐせば、
「そうだ。足がつるのよ」といい、

腰をほぐせば、
「起きると腰が痛いのよ」と言う。

遠巻きに全部やってくれと言わんばりw

やる側からすれば、

「あっちもこっちもやるのはいいけれど、
それじゃ、一番しんどいとこすらよくならんぜよ」です。

人の身体には「閾値」と言うのがあります。

簡単に言うと、刺激が入るバケツみたいなもの。

これが、ひたひたになるくらいまで
施術で刺激を入れちゃうと、こぼれてしまい、
痛くなったりだるくなったりします。

この、ひたひたで止めておけば、いんだけれど、
なみなみ、どばどば入れてしまい、完全にこぼれる、
あふれるくらいになっちゃうと
揉み返しで2~3日大変
(それ以降も痛みが全く取れない)

なので、施術の理想的なカタチは
よくなった7.5割、まだ残る2.5割といったところ。

治療家の存在意義って、
その患者さんの症状の完全消失ではなく、
ホメオスタシスの向上、
自然治癒力発動のスイッチを押すのが仕事だから。

でも、臨床やってると、
それを忘れてしまうことが多々あります。

「まだ残る」と言われて、
こっちも(後学のために…と)、
ついもう次の一手を打ってします。

それがキマればいいけれど、
たまにドツボにハマり、
あちこち触って過刺激になり、
「翌日とかに痛くなった」と電話が来たりw

なんか話が逸れたけど、
話をまとめると、
1回の施術で触る、よくする場所は1つにする。

あとはオマケみたいにしないと、
患者さんがわがままになってしまうし、
患者さんの「よくなろう」という
体の機能を殺すことにもなりかねないので。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)