患者さんの話は最後で聞こう「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

 

約2ヶ月ぶりに来院された患者さんの話。

「左の股関節が30分くらい歩くと
違和感というか…痛みはないんだけれども、
なんかしっくりこなくなる」

という話をしてくれました。

そこで、
すかさず横から口を挟んで来たのが院長である父。

「なに?股関節が痛い?
ん~。それは〇〇だな。
〇〇を診た方がいい」

とお得意の断言。

私も私で、サラッとスルーして
「まずは身体の状態を知ること大事」と思い、
動きの検査(観察)をしました。

ですが、股関節より、
肩首が辛かったようなので、
股関節は2割くらいだけにしたのですが、

この時、父親が口を挟んでくれたおかげで
あること思いだしので、
それをシェアしたいと思います。

身体均整法の考えですが、痛みには、

①動作の乱れ
②知覚の異常
③機能の異常
④器質の異常

と4つの段階があります。

この段階によって、
使うテクニックというか、
アプローチ法が変わってきます。

①の動作の乱れでは、
動かしにくい、身体のかたさ、
姿勢のアンバランスが身体に現れます。

②の知覚異常で、
痛みやだるさが出てきます。

③になると、内蔵諸器官の機能の低下。

④は病気の症状となります。

いきなり痛みが出る、と言うのはなく、
今回の患者さんの股関節のように、
違和感があるのは①のフェーズ。

これを②や③で処理すると、
症状が改善しないことが多いです。

患者さんの症状をパッと聞いて
感覚や経験で、「その痛みは〇〇だ」と言うのも
いいですが、痛みは結果。
原因場所は他にあることがほとんどなので、
話をきちんと最後まで聞いて、
動きの検査をして、

動かしにくい、身体のかたさ、
姿勢のアンバランスさをみることが必要です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)