これまでも、この先も変わらないもの「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は、
「変わるものと変わらないもの」をテーマに
お話させていただきます。


ここ2~3年でだいぶ落ち着きましたが、一時期、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を
学んだ整体業界の先生が、こぞって、

高単価施術、

時短施術、

○○専門整体院

午後(午前)しかやらない。

と言うような感じで、
差別化を図り出しました。

 

今まで40分5,500円だったのを、
20分8,000円にしたり、

腰痛専門、五十肩専門、
膝専門、頭痛専門…

色んな「専門家」がボコボコ出てきました。

 

が…

当然、そんな状況が
長続きするはずがありません。
私たちの業界に限らず、
どんな市場もそうですが、

“おいしい市場”には
新規参入者がわんさか入ってきます。
そうなると顧客(患者さん)の目は肥えていき、
反応はどんどん下がっていきます。

そして「正常」な状態で落ち着きます。

それを裏付けこととして、
当時、Facebookやアドワーズでみた、
高単価、時短、〇〇専門を
謳っていた治療家たち、
今では、全くその広告をみません。

いま、どうなっているのか、
気になるところ… でもありませんが。

私の友達も、5~6年前、
高単価に変えましたが、新患さんはともかく、
それまで来てくれていた患者さん、
休眠と呼ばれるしばらく来院がない患者さんは、
かなり疎遠になったそうです。

「真剣に通ってくれる人だけ来ればいい」

と足切りもできますが、
それがいつまで続くのか?が問題です。

ここでお気づきの先生は
気づいたかも知れませんが、

高単価も、時短も、
専門も、半休診療も。

これらのことって、
全部、自分目線なんです。
(専門に関しては、患者さん目線ともいますが)

 

本当は、患者さん目線にしないとマズいんです。

そして、ここから学べることとして、
これまでも、この先も変わらないものがあります。

それは、

「患者さんの症状、痛みを改善すること」

が私たちの仕事、使命、だということ。

これを分かった上で、
理解した上でこの業界に
足を踏み入れたのだから、

高単価で儲けよう。とか、

専門性を出して、
それ以外の患者さんは診ない。とか、

午後だけ仕事する、とか、

そんなことを考えてはいけない、

 

…と思うんです。

ネットをみていると、色々、
興味をそそられるものがあると思います。

ですが、それが、

変わるもの(一過性のもの)
なのか、
変わらないもの(本質的なもの)

を考えると、
手を出すべきものか、
そうじゃないものなのか?

分かると思います。

変わらない、
本質的なものがここにあります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)