何もしなくても50万円の売上が出た話「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体地知恵袋の田中です。

今日は
「タバコ増税で思い出したこと」をテーマに
お話させていただきます。

 

タバコがまた値上がりしますね。
私はタバコ、吸わないんですが、
愛煙家にとっては「またか…」でしょね。

そうなると
駆け込み需要的に起こるのがカートン買い。

高校の時、コンビニでバイトしていましたが
その時も、値上がり前のタイミングで、
常連さんたちがワラワラと
タバコをカートン買いしていました。

もちろん、
値上がっても買うことになるので、
カートン買いしない人もいます。

このことを見て、
思いが出したことがあります。

それは、
まとめ買いしたい人は
少なからずいると言うこと。

それを裏付ける話をします。

 

鍼灸師の友達が回数券のほかに、

【施術受け放題権(券)】と

言うのを作りました。

うろ覚えなんですが、
有効期限は半年間で、
値段は確かに50万円。

1回6,000円だとして、
毎日通院して25日×6,000円=150,000円

それが半年間だから×6ヶ月で900,000円
かなりお得ですよねw

「そんな50万円の券なんか売れるのかよ?」
と思ったかも知れません。

実は、売り込みはしないんです。

この【受け放題券】、
特に宣伝もせず、
患者さんにも話すことなく、
受付カウンターの下に紙を貼っていただけ。

気付く人は気づく、という
ドン・キホーテの目玉商品の
陳列並みの気付かなさです。

でも、これが、売れたんです。

1人だけですが。

すごくないですか?
何もせず、セールスもなく、
紙を貼っていただけで、
50万円の売上です。

タバコはカートン買いしても
割引にはなりませんが、
施術、回数券は少しだけ割引になります。

6回分とか8回分だけの販売もいいですが、
患者さんが気づかないような感じで
破格の高値での回数券(今回のような受け放題)を
用意しておくと、(値段でビビっちゃいますからね)
意外な人が買ってくれるかも知れません。

何もコストはかかりません。
高値のコースを1つ、考えて、
それをプリントアウトして、
気づかれなさそうな場所に貼っておくだけ。

それで、売れたら儲けものです。
買われた後、しばらくはしんどいですがw

友達は、本当に患者さんが毎日来院されて、
それが逆にプレッシャーになり、
結局、その人だけで終わりにしたそうです。

やるかやらないかは
先生次第です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)