硬いばかりじゃダメなんだ「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体地知恵袋の田中です。

 

普段の施術中、患者さんに、
こんな言葉を投げかけていませんか?

「硬いですね」
とか
「凝ってますね」
とか、
「動きがよくないですね」
みたいな。

硬さをコリ感を
強調するのはもちろん、いいんですが、今日は
「肩コリがない患者さんから得たこと」をテーマに
お話させていただきます。

少し前、背中から腰にかけて
ツライという女性がお見えになりました。

症状自体は3回くらいでよくなったんですが、
用心深く方で、その後、2回ほど来院。

その時、全体を改めてほぐしたんですが、
この患者さん、
「肩コリなんて感じたことない」
と言うんです。

確かに、
側臥位で肩周りをみても柔らかい。
外転もスッと挙がる。

「あぁ、いい状態の肩というのは
こんなにも柔らかいのか」と感じると共に、
いい状態というのを自分の手の感じに
覚え込ませておかないといけないと思いました。

なので、
下半身が調子がよくない患者さんは、
そこそこ上半身は調子がいいので、
いい状態がどんなものなのか、みてみる、

上半身の調子がよくない患者さんは、
そこそこ下半身は調子がいいので、
いい状態がどんなものなのかを
みておくことで、

カラダ(関節)のいい状態というのが
どんな感じなのか?というのを
知っておく必要があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)