在宅ワークでの姿勢と腰痛「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は、
「在宅ワークでの姿勢と腰痛」を
テーマにお話させていただきます。

今年の春すぎから
新型コロナウイルスの影響で
在宅ワークが増え、
腰が痛くなる人が増えてきました。

さらに、

以前から定期的に
来院されている患者さんの
来院間隔が狭くなってきました。

痛みが固着というのか、
来院の度に痛み、
不調を訴えるところが同じ。

そうなると、
「また同じところか…」と
なってしまうんですが、
ここで、
「同じ姿勢が続くから」とか
「動かないから」とか
「仕方がない」とする考えもありますが…

【症状が戻る】と言うことは、
前回、または今までしてきたことが
通用しない=その場所が患者さんにとって
【いい状態になるスイッチ】ではない、
と疑わないといけないと私は考えています。

じゃ、どこをやればいいんだよ?
となった時、便利なのが私が学んでいる
身体均整法の12種体と言うもの。

詳しいことは省きますが、

在宅ワークでPCに向かっている姿勢、

✓背中が丸くなり、
✓腕が前に出て、
✓顎が上がり、
✓首が前に落ちている
✓椅子に座っていることで膝が前に出る
✓どちらかというと爪先重心になる…

これらの項目、
身体均整法の12種体型で言うところの
フォーム1、そのものなんです。

フォーム1の調整点(椎骨)は

頸椎4番、
胸椎5番、
腰椎1番、
仙椎4番

なので、
在宅ワークでPCばかり触らざるを得ない、
座りっぱなしで腰が痛くなる、という場合、
頸椎4番、胸椎5番の調整もしてあげないと
いつまで経っても腰が痛いままになります。

もし、先生が
「在宅ワークで腰が痛い」
という患者さんに対して、
腰、背部、臀部、などから
アプローチしているのであれば、
上記の椎骨も診てみてくださいね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)