これが新常識なのか!?「整体知恵袋.com」

患者さんが定期的に通いたくなる
手書きはがき作成の匠 田中博康です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なになに…?

「腰痛は姿勢の悪さによって
引き起こされるものではない」

さらに、

「姿勢は人によって
異なるのが普通であり、前かがみの姿勢も
本人がそれで快適なら問題ない」

 

ということを理学療法士らのグループが、

論文として医学雑誌に発表したそうです。

(参考記事:
腰痛と姿勢の悪さは関係ない:研究結果

 

「な、なるほど。そうだったのか~」

 

 

 

 

 

 

とはなりませんw

 

 

 

だってこの話、整体業界では、

昔から言われてることだし…

 

私が勉強している

身体均整法を創った亀井先生も

ニュアンスは違いますが、

骨のゆがみについて

こんな考え方をしていました。

 

「人間の体には動いて自然に
護ろうとする作用が備わっている。

それは椎骨だけじゃない。
他の骨格でもそのことが言える。

~途中略~

変位は多くの場合、
故障を起こさせないためである」と。

 

 

他の人からみたら

「ゆがんでいる状態」でも

その人からしたら、

それが通常であり、

そのゆがみのおかげで体がいい状態を

保つことができているのであって、

 

それを

 

「骨盤がゆがんでいる」

「足の長さが違う」

「肩甲骨の高さが違う」…

 

と言って

「その人の体に合わない矯正」を

するからよくないんです。

 

前述したゆがみの見方は、

やる側の意見ですよね?

 

なので、

その人にあった矯正をすれば

患者さんの体に無理もないし、

根本的な治療につながります。

 

 

施術前に検査をして、

「どこが原因で痛みが出ているのか?」

というのを見れば、

その人に合った矯正をすることができます。

 

施術前の検査というのも、

亀井進師範をはじめ、

身体均整法の古参先生が

50年以上も前から

提唱されているにもかかわらず、

未だに認知されていません。

 

 

追伸:

これくらいのことでも

論文になって医学部雑誌に

載ってしまうんですね…

クリビツしました。

 

それを考えると、

30年以上も前から

古参の均整師先生たちは、

姿勢の研究をしてきて、

たくさんの論文を

遺してくださっているのに

評価されないというのは、

哀しい限りです。

 

逆に、

昔から言い続けていることが

令和になってようやく、

「新常識」的な言い方で

世に出てくるのはうれしくもありますが…

 

言うか言わないか、

誰に言うか、どこに言うか、で

大きく変わりますねぇ。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)