新しいものを受け入れよう「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は
「新しいものを受け入れる」をテーマに
お話させていただきます。

 

知り合いの女性。
個人的にカメラが好きで
子供の写真をいつも撮っていました。

寝ている子供に色んなポーズをとらせ、
「何かしている風」な写真を
撮って楽しんでいました。

その時、何か閃いたみたいで、
それが今の
【お昼寝アート®】
になりました。

この知り合いが起業したての時、
私も面識があり、認知度もある
コンサルタントに
お昼寝アート®の話をしたそうです。

すると、そのコンサルは、
「そんなん需要あるんですかね?」と
起業に対して疑問視して、
彼女の起業アイデアを
あまり歓迎していませんでした。

しかし、今はどうでしょう。
その名前は全国区になり、
アニメの中でも紹介されるくらいに。

あれから数年経ち、

セールスコピーライター
YouTuber、
ZOOMコンサル、
動画編集…

など、これまで「仕事」として、
成り立ちそうになかったような、
聞いたこともないような、
お仕事がたくさん出てきました。

こう言うのが世間に広まりだすと、
だいたい、

「そんなんで食えるの?」
「需要あるの?」
「誰が求めているの?」
「将来性はあるの?」

など周りから色々、言われます。

ですが、新しい価値観、アイデアに
批判や否定するのではなく、
まずは受け入れる。

時代の流れ、変化とともに
仕事も変わってきますから。

これと施術がどう関係があるのか?

これらと同じように、
患者さんの生活環境、
様式も変わってきました。

そのせいか、

今までなかった症状を
訴えるようになってきています。

昔の患者さんなら、
カルテを追えば分かるのですが、
だいたい同じような症状で
来てくれていることがほとんど。

でも、最近は、
環境、様式が変わってきているので、
痛める場所も
変わってきている傾向があります。

それを頭に入れておかないと、
「今までそんな症状出てこなかったのにぁ」と
なってしまいます。

新しいそれをまずは
受け入れることが大事。

日本人の悪い考え方で
すぐに「前例がない」
「前はそんなことなかった」とか言って、
受け入れようとしない風潮があります。

「今までの症状を違うな、なんでだ?」と
これまでをベースに考えるのではなく、
柔軟に症状を受け止めることで、
治療家として成長を促してくれます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【見るだけで臨床経験が積める】
整体知恵袋ライブラリーはこちらから
→ http://seitaichiebukuro.online/optin/1-2/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)