やっぱり基礎固め「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

先生は
「リバースエンジニアリング」
というのを知っていますか?

すでに完成されているものを分解して、
どんな構成、仕組み、作りなのか?などを
見ていくものです。

なぜ、こんな話しをしたのかと言うと、
“今月は関節について掘り下げる”宣言のあと、
すぐにあることに気づいたからなんです。

手元にある「The関節」と言う本は3冊。

そのうち、1つは原本ではなく、
コピーなんですが、
20年くらい前からあります。

もう1冊はアメリカの訳本。
「関節の痛み」と言う本。
この本も20年くらい前からあります。

そして、もう1冊。
これは15年くらい前に買った「青い本」

これら3冊の本に書かれているテクニック…
おどろくことにほとんど同じなんです。

最近、これらの著者に関して調べていくと、
どうやら15年くらい前に買った本が一番古く、
次に「関節の痛み」(それでも56年前)

青い本の中で話されている内容に
【昭和5年】とあるので、どう考えても
この青い本が原典。

前から、同じことが書いてあるなぁ、とは
思っていたのですが…

著者が違うので、書いてあることは
重複していないんですが、
世に出ている手技の原点を知ることで、
また新しく知れることもあるんですね。

手技の業界は、魔法のテクニックを
求めている先生が多い感じがしますが、
私はそのようなテクニックも(恐らく)
色んなテクニックを合わせて
体系化されてものだと思っています。

やはり基礎固めが大事なんだと思います。

☆☆追伸☆☆
効果のあった症例を解説しています。
今なら137の症例がスグ観れます

【見るだけで臨床経験が積める】
整体知恵袋ライブラリー
→ http://seitaichiebukuro.online/optin/1-2/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)