1. TOP
  2. マーケティング
  3. ハンバーグにライスは必要か?「整体知恵袋.com」

ハンバーグにライスは必要か?「整体知恵袋.com」

 2018/01/15 マーケティング 行動心理
この記事は約 5 分で読めます。 196 Views

痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康です。

 

少し前、

ファミレスにランチを食べに行きました。

 

ランチと言ってもなんだかんで、

1時を回っていたので、

そう混んではないかも?と

思いましたが、時は日曜日。

 

同じような考えをした人たちが

遅いランチを求めて、

いろんな世代の人が席を埋めていました。

 

ピークは過ぎていたようで、

少し待ちましたが席に案内されました。

(我が家は6人家族なので、
ピーク時にこういう場所に行くと
なかなか席に空かないことが多いんです)

 

それぞれ食べたいものが決まり、

いよいよ注文。

呼び出しボタンを押し、

店員さんを呼びます。

 

注文を取りに来る店員さん。

私は「ハンバーグ」を頼みました。

 

そう。ハンバーグだけ。

 

私は外食するとき、

なぜかわからないんですが

ライスを頼みません。

 

これ、妻と結婚する前に、

言われて初めて気づきました。

「え?ごはん頼まないの?
変わってるね」って。

 

ここのファミレスは、

セットメニューがあり、

 

・サラダとパン。

・スープとライス。

 

といった感じで

セットメニューがあります。

 

それはわたしも知っています。

ですが、わたしは

「ハンバーグ」だけ

注文しました。

 

するとオーダーを伺いに来た店員さん、

「ハンバーグ単品だけですか?
ごはんは付きませんが大丈夫ですか?」

と聞いてくれました。

 

そこで、わたしは

「はい。大丈夫です」

と答えました。

その店員さんは、

それ以上何も言いませんでしたが、

ここでもったいないことが

あるなと思いました。

 

キャシュポイントがここにあるな。

と感じた瞬間です。

 

さっき言いましたが

外食の時はライスを頼みません。

 

このファミレスの店員さんは

セットメニューにパンもあるのに、

わたしが

「ライスいらない」

と言ったもんだから、

パンもいらないんだろう。

と勝手に認識して、

それ以上は聞いてきませんでした。

 

選択肢が1つしかないのなら、

仕方がありませんが、

ライスとパンに2つあるのに、

「パンもありますけど?」

ともう一言、言えば、多少ですが、

売上になっていたかもしれません。

 

なぜなら、私はたまにパンなら頼むから(笑)

 

そんな自分勝手なことはどうでもいいのですが、

言いたいことは、

同じような効能、効果がある選択肢が

複数あれば、その数だけ勧めないとダメだ。

ということです。

 

例えば、

あなたの院にmicro波があるとします。

でも患者さんはペースメーカーや、

人工関節が入っていたら、できませんよね?

 

「じゃ、micro波、当てられないね」おわり。

ではなく、

「マイクロ波と同じような効果がある
〇〇だったらできますけど、どうされます?」

というように持っていけば、

その分の売上ができますよね?

 

わたしはこれで、

micro波が苦手な患者さんに

お灸を勧めることで、

micro波の物療代金より

多くの自費代を頂きました。

 

物療やお灸では微微たる額ですが、

ちりも積もればです。

 

これはマーケティングでいうところの

クロスセルと呼ばれるもので、

同じような商品を、

ついでに買ってもらうというもの。

 

一昔前のマクドナルドの

「ポテトもご一緒にいかがですか?」

と同じです。

こんな感じでクロスセルをすると、

2~3割は購入するという実験結果でています。

 

もし、あなたの院でも、

Aさんという患者さんが

「できない」「やれない」

というものがあれば、

それと同等のものを用意しておいて、

選択肢を増やす。ということを

してみてください。

 

今日はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
「整体知恵袋.com」
無料メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/rS87
お名前、メールアドレスを入力後、
「登録」ボタンをお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーー
メールマガジン:整体知恵袋.com
発行責任者:田中 博康
発行者住所:千葉市稲毛区長沼町293
メールアドレス:tanakadf0916□gmail.com
(□を@に変えてください)
ーーーーーーーーーーーーーーー
アドレス変更はこちら
https://mail.os7.biz/mod/rS87
メルマガ解除はこちら
https://mail.os7.biz/del/rS87

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運転中に腰が痛い話「整体知恵袋.com」

  • 整体業界と家電量販店「整体知恵袋.com」

  • 小料理屋の女将がやらかした話「整体知恵袋.com」

  • 院を閉めてから院でセミナーw「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 勉強会で再認識「整体知恵袋.com」

  • 誕生日で気が付いたこと「整体知恵袋.com」

  • 休眠顧客を掘り起こせ!!「整体知恵袋.com」

  • 待ちこがれるダイレクトメール

  • 腰を痛めた患者さんからの電話「整体知恵袋.com」

  • お客さんがあなたに求めているもの