1. TOP
  2. はがき(DM)
  3. DMを出す時のちょっとしたヒント「整体知恵袋.com」

DMを出す時のちょっとしたヒント「整体知恵袋.com」

患者さんが定期的に通いたくなる
手書きはがき作成の匠  田中博康です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はダイレクトメールを

読んでもらう方法について

お話させていただきます。

 

先生は患者さんに

ダイレクトメール(ハガキ)を

出したことがありますか?

 

もし、出したことがあるのなら、

「効果がなかった」

と漏らしてしまうかも知れません。

 

私は11年に渡って、患者さんに

あの手この手でハガキを出してきました。

その結果、分かったことは、

【1回じゃダメ】と言うこと。

 

最低でも3回は出して、患者さんの頭の中に

入りこむ勢いで出します。

 

 

分かりやすい例で言うと、

アーティストのが新曲をリリースした時、

1回、聞いただけでは、その良さや

サビの感じは分かりませんよね?

 

ですが、CMやラジオで何回も意識をしなくても

耳に入ってきたら、気づいたらメロディーを

覚えていた、なんてことはありませんか?

 

それと同じで、

何回かハガキを出すことで、

患者さんに院のことを思い出してもらう、

院を頭の中に入れておいてもらうように

することが必要なんです。

 

ここからが本題。

 

ハガキを単に出すのもいいんですが、

100円均一に行くと50枚100円とかで、

ハガキサイズの色紙が売っています。

 

クリーム色だったり

ピンク系、ブルー系だったり。

 

それに切手を貼って、宛名を書いて、

裏は印刷で構わないので、患者さんに送る。

 

そうすると、患者さん宅に届いた

『色付き』ハガキが目に入りやすくなり

読んでもらう率があがります。

 

切手を貼るのが面倒くさいと思いました?

 

今は、シールタイプの切手もあるので、

剝がしてペタペタ張るだけなので、

楽と言えば楽にできます。

 

アニメのキャラクターや

ディズニーの切手などもあり、

そういったところでも目を引けます。

 

もし、先生が患者さんにダイレクトメールを

出そう、出したけれど効果がなかった、

と言う場合は、回数とハガキの色を変える、

というのをやってみてください。

 

整体や整骨院は患者さんの情報(住所)が

確実に手に入る業種です。

飲食店などが羨ましがるくらいなので、

患者さんにマメにハガキを出すことで、

継続して来てもらうような

体制を作りましょう。

 

特に、休眠患者さんは

単に忘れているだけのことが多いので、

来てない期間にもよりますが、

出すだけでも2%は来てくれますよ。

(私は10年来てない患者さんに対して
5%というのがありました。)

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「整体知恵袋.com」
無料メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/SLfY
お名前、メールアドレスを入力後、
「登録」ボタンをお願いします。

登録していただくと、
「ダイレクトメールを出したいと
思っているけれど、
何からはじめていいか分からない
整体師、柔整師ための
ダイレクトメールファーストガイド」
をプレゼント中です。
ーーーーーーーーーーーーーーー
メールマガジン:整体知恵袋.com
発行責任者:田中 博康
発行者住所:千葉市稲毛区長沼町293
メールアドレス:seitaichiebukuro□gmail.com
(□を@に変えてください)
ーーーーーーーーーーーーーーー
アドレス変更はこちら
https://mail.os7.biz/mod/rS87
メルマガ解除はこちら
https://mail.os7.biz/del/rS87

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自分で自分の治療なんて受けられないよね?「整体知恵袋.com」

  • 友達が院を閉めて思ったこと「整体知恵袋.com」

  • エレベーターを世に広げた奇策「整体知恵袋.com」

  • 強くしたらダメなんだってば!!「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • こんな時こそDMを「整体知恵袋.com」

  • ヤリすぎもほどほどに「整体知恵袋.com」

  • 患者さんにハガキを出す(ウラの)理由「整体知恵袋.com」

  • 【実例】ダイレクトメールの効果

  • 法則、好きでしょ?「整体知恵袋.com」

  • 通院目的が解消されると…「整体知恵袋.com」