1. TOP
  2. マインドセット
  3. 治療の単品売り、やめませんか?「整体知恵袋.com」

治療の単品売り、やめませんか?「整体知恵袋.com」

患者さんが定期的に通いたくなる
手書きはがき作成の匠  田中博康です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は、生き残るための階段を作れ、

という話をさせていただきます。

 

先日、ある女性鍼灸師の先生と

話をする機会がありました。

 

関東圏の山の中で

鍼灸院をされているその先生は

「〇〇痛専門でやりたいんです」

とおっしゃっていました。

 

専門性を打ち出すのは

いいことなんですが、

でも、それだと、汎用性があって、

「〇〇先生じゃダメな理由がどこにもない」

と言うと、

「△△△の症状を持っている人は
心身障害で〇〇痛になることがあるから、
そんな人のケアを、この先、
していきたいと思っているんです」

と治療方針と言うか、鍼灸師先生の『想い』、

〇〇痛を謳っている意義、

真意が出てきました。

 

なので、私は、

「じゃ、△△△の症状を持っている人
専門にしたら、入り口は狭いですが、
先生じゃなきゃダメな理由ができますよね?」

続けて、

「△△△の症状が原因の〇〇痛なら、
△△△の症状を取っていかないといけないし、
再発防止にカウンセリングも必要だから、
治療+カウンセリング、とか、
〇〇痛が取れてもアフターケアで、
カウンセリングだけ、とかできるから
〇〇痛の治療だけより、
患者さんの継続率もあがりますよ」

と、アドバイス。

 

すると、

「そんなに幅が広がるんですねー。
一人だと、そこまで考えることが
できなかった…」

と言っていただきました。

 

やるかやらないかは、

その鍼灸師先生の気持ちなので、

強要はしませんが、

私たちのような業界は、

「治療の単品売り」なので、

いかに、付き合いができた患者さんに

長く、関係を持ってもらうかが、

この先のひとり治療院の課題かと思います。

 

もし、先生が、

治療を40分5400円だけとかで

やっているならば、

新規の患者さんに来てもらうためのメニュー、

治療を受けてもらう前のメニュー
(ボディケアとか)

治療を受けるメニュー、

メンテナンスのメニュー

身体づくりのメニュー
(パーソナルトレーナーみたいな)

など、段階的にいただく料金を上げていき、

つながりを強めるメニューの階段を

この先、作るようにしないと、

集客が厳しくなってくる感じがします。

 

やっている治療院の先生は、

もうやっていますからね。

乗り遅れることのないように

してください。

 

そんな階段づくりに興味があれば、

相談にのりますので、

メールくださいね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「整体知恵袋.com」
無料メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/SLfY
お名前、メールアドレスを入力後、
「登録」ボタンをお願いします。

登録していただくと、
「ダイレクトメールを出したいと
思っているけれど、
何からはじめていいか分からない
整体師、柔整師ための
ダイレクトメールファーストガイド」
をプレゼント中です。
ーーーーーーーーーーーーーーー
メールマガジン:整体知恵袋.com
発行責任者:田中 博康
発行者住所:千葉市稲毛区長沼町293
メールアドレス:seitaichiebukuro□gmail.com
(□を@に変えてください)
ーーーーーーーーーーーーーーー
アドレス変更はこちら
https://mail.os7.biz/mod/rS87
メルマガ解除はこちら
https://mail.os7.biz/del/rS87

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 友達が院を閉めて思ったこと「整体知恵袋.com」

  • エレベーターを世に広げた奇策「整体知恵袋.com」

  • 強くしたらダメなんだってば!!「整体知恵袋.com」

  • 盆休みでも考えてほしいこと「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 当たり前が当たり前ではない「整体知恵袋.com」

  • 困った患者さんの撃退法「整体知恵袋.com」

  • 患者さんにハガキを出す(ウラの)理由「整体知恵袋.com」

  • 目的を達成させるために「整体知恵袋.com」

  • こんな患者さんいる?「整体知恵袋.com」

  • 母の日はイベント「整体知恵袋.com」