1. TOP
  2. 独り言
  3. 棘上筋部分の緊張を取る方法「整体知恵袋.com」

棘上筋部分の緊張を取る方法「整体知恵袋.com」

独り言 症例紹介
この記事は約 3 分で読めます。 94 Views

患者さんが定期的に通いたくなる
手書きはがき作成の匠 田中博康です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はあまり教えたくない話をします。

 

なぜなら、私が何年もかけて、

わからなかった、疑問に思っていたことで、

ほぼ、答えが見つかり、

それをサラッとお話するからです。

 

この話を聞くことで、先生は

肩こりの患者さんを

満足させることができると思います。

 

私は昔から悩んでいたことがあります。

 

それは、肩こりの患者さんに対して、

「棘上筋部分」の

硬さがなかなか取れないというもの。

 

うつ伏せで施術をしていて、

棘上筋のあたりを触ると、

患者さんが

「あぁ、そこらへん
いつも気になるんだよね。
なんとかならないかなぁ…」

と言われます。

 

この場所、昔から自分の中でも

課題なのでぶっちゃけ患者さんに

「ここ(棘上筋部分)は、私の
長年の課題なんですよー」と

話すことがありました。

 

ですが、

いくら棘上筋部分をゴリゴリほぐしても

解決策はなく、

私のように天邪鬼な治療家だと

「ここ(棘上筋部分)と
どこが関係性をあるのか?」

 

ぎっくり腰でも

「いかにして腰を触らずに
腰痛を解消させられるか?」

というようなことを考えています。

 

なので、昔から、どこと棘上筋部分が

関連しているのか?

ということを考えていました。

 

私が発見した

「棘上筋部分」

を和らげる場所、それは、

胸骨と肋骨の詰まりを取る、ということ。

 

ここですべて解決するわけではないですが、

今まで色んなことをしてきたなかで、

この胸肋関節部分の緊張、詰まり、動きをみて

異状を解消さすことが一番効果がありました。

 

もちろん、関節が動くので、肩の動きも

改善しますし、肩に力が入っているのも

抜けてきます。

 

ぜひぜひ先生も

患者さんに試してみてください。

 

こんな感じで、

体の色んな部位に対しての

症例集のようなものを、今作っています。

 

今月中にはお知らせできると思うので、

しばし、お待ちください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
整体知恵袋.com
今、あなたが、お読みの【整体知恵袋.com】を
購読されませんか?

もちろん、「無料」です。

体の痛みのことはもちろん、
整骨院、整体院の売上アップの
ヒントがたくさんあります。
院の売上げをアップのヒントを手に入れる

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 直接的?間接的?「整体知恵袋.com」

  • 瞑眩反応について「整体知恵袋.com」

  • おすすめの本を紹介します「整体知恵袋.com」

  • 専門書の正しくない読み方「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 体調不良から見えてくること「整体知恵袋.com」

  • 休眠患者さん掘り起こしの3つのあるある「整体知恵袋.com」

  • 専門書の正しくない読み方「整体知恵袋.com」

  • 安く済ませようとしても「整体知恵袋.com」

  • コアなファンを作ろう!!「整体知恵袋.com」

  • 冗談じゃない!!「整体知恵袋.com」