ニオイを嗅ぐと体の調子がよくなる?「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

10月になると近所や、街中で

何やら、鼻につく、というか、

鼻の奥にツンと刺さるような

においがしてきます。

 

この、においの正体、

随分、昔から秋になると私の鼻を

刺してきていたのですが、

コレが一体、何のニオイなのか

分かりませんでした。

 

ようやく5~6年前?くらいに

その正体が分かりました。

 

それは、

キンモクセイ の花のニオイでした。

 

私はこのニオイをかぐと

中学生のころを思い出すんです。

 

昔のことでも、その時に印象的なニオイを

嗅いでいたり、ニオイが漂っていたら、

今、それを嗅いでも、その当時のことが

思い出されますよね~。

 

味覚や聴覚だとこれができないそうです。

 

美味しいものを食べても、

「あー、この味、昔どこかで食べたな。
どこだっけ…?」

となってしまいます。

 

これはどうやら、嗅覚だけが

直接、脳に作用して起こる現象のようです。

 

なので、

院内に、もぐさのニオイがあると

患者さんは

「整骨院っていつもこのニオイするよね」

とか

「あぁー、これ、お灸のニオイでしょ?
昔は“やいと”とか言ったよねー」

など、

ニオイだけで

色んなことが瞬時によみがえるんです。

 

私の知り合いに、

アロマをやっている女性がいて、

鍼灸師ではないんですが、

五行を勉強して、ボディケアの後、

つまりは身体が「いい状態」になった時、

患者さんに合わせたアロマを作り、

その香りをかがすんだとか。

 

すると、

 

身体は「いい状態」で

「その香り」を嗅ぐことになります。

 

しばらく日にちが経って、

少し、身体の調子がよくないなーと言う時に、

「その香り」を嗅ぐと、なんと、身体が、

ボディケアをした後に近い

身体の状態に戻るんです!!

 

それだけ、「香り」や「ニオイ」って

身体に作用しているんですね。

 

これからは院内の「香り」にも

配慮をしてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)