1. TOP
  2. マーケティング
  3. 患者さんの世代交代「整体知恵袋.com」

患者さんの世代交代「整体知恵袋.com」

マーケティング 独り言 院内
この記事は約 4 分で読めます。 38 Views

整体知恵袋の田中です。

 

今日は「患者さんの世代交代」という話を

テーマにしていこうと思います。

 

この話を読むことで、

「気が付いたら患者さんが少なっている」

とか

「最近、なんかヒマなんだよな」

というようなことがなぜ、起こるのか?という

理由が分かると思います。

 

 

もうかれこれ30年近く

お世話になっている近所の床屋さん。

 

先日、髪を切りに行ったのですが、

帰りしな、ちょっとした話になり、

マスターがこんなことを言っていました。

「昨日、ヒマだったからさ、
6時半でしめちゃったよ~」

 

この話を聞いて、

思い出したのが、父の整体院。

 

来年で22年なんですが、昔と比べて、

終わる時間が早まっているようです。

 

10年以上前ですが、私が働いていた時は、

それこそ院を出るのが21時とか、

早くても20時は過ぎていました。

 

実際、父親に話を聞いてみると

早い時は19時前に院を出ることもある、

なんてことを言っていました。

 

なぜ、こんなことに

なっているのかというと、

床屋や父のような個人事業主的な

スタンスの店はやっている側(売り手)

年齢を重ねれば、当然、来る側(買い手)も

常連となれば、同じ分だけ年齢を重ねます。

 

年を重ねていくと、活動の時間帯が

午前中とか夕方までとかになってくるので、

長くやっている個人の店だと昔からのお客さんも

年を重ねてくるので、

必然的に夜に店には来なくなってきます。

 

なので、既存客も大事ですが、

新規というか、

一つ、二つくらい下の世代も

取り込んでいかないと

この先、既存客が

目減りすることは明らかです。

 

それをうまいことやっているのが

千葉に山万という企業。

 

千葉県佐倉市の「ユーカリが丘」に

分譲マンションを建てているのですが、

ココのやり方がなかなか秀逸。

 

マンション分譲というのは、

イッキに立てて、イッキに売って

借入分を少しでも返す、

そんなような売り方がほとんどです。

 

でも、この売り方だと、

入居者の世代が同じくらいなので、

マンション全体で入居者が

年を取っていきます。

 

ですが、山万は、同じマンションでも

分譲販売の時期を

少しずつズラして売っているんです。

 

そうすることで、

3~5年、5~7年くらい違う世代が

1つのマンションに入居するようになり、

マンション全体がイッキに

老け込むのを防いでいるんです。

 

1期で入ってきた人が引っ越ししても、

そこに2期、3期で買った世帯と

同じ年代の人が1期で入った人の後に

入りやすくしているんですね。

 

これって、治療院でも

うまいこと新しい患者さんを

取り込んでいくようにしておかないと

気が付いたら患者さんが

減ってきている…

ということもあり得ます。

 

先生の院は患者さんの世代交代、

うまく行っていますか?

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 噂の厚底シューズで思い出した話「整体知恵袋.com」

  • 患者さんの声をもらう方法「整体知恵袋.com」

  • 施術が上手くなる方法「整体知恵袋.com」

  • 少ない広告費で患者さんを呼ぶ方法「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 患者さんにハガキを出す(ウラの)理由「整体知恵袋.com」

  • じゃ、どうしたらいいの?と聞かれたら「整体知恵袋.com」

  • 世界ランク2位から学ぶ施術の流れ

  • 盆休みでも考えてほしいこと「整体知恵袋.com」

  • 90歳になる患者さんからのプレゼント

  • ウデがよくても通院しないワケ「整体知恵袋.com」