仙腸関節調整だけが全てではない「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

結論から言うと
腰痛は仙腸関節だけではない、ということ。

もちろん、仙腸関節の調整が出来れば、
それに越したことはないですが、
それだけではよくない、
そんな話をしたいと思います。

元々、私は仙腸関節使いではなく、
身体均整法というものを勉強してきました。

この、身体均整法。
大きな柱として

『12種体型』

というものがあります。

 

ざっくり言うと、
文字通り、体を12種類に分けるんですが、

前に行きやすいタイプは1種。
後ろに行きやすいタイプは2種。

左に行きやすいタイプは3種。
右に行きやすいタイプは4種…。

と言うように、
姿勢が及ぼす動きと特異性が
法則化されているんです。

なので、

反らしにくい腰痛なら1種
前に行きにくい腰痛なら2種

となるわけです。

そして、

1種は頸椎4番、胸椎5番、腰椎1番
2種なら胸椎1番、胸椎9番、腰椎5番

と言う感じで各姿勢に
運動の支点となる椎骨が決まっています。

だから、

反らしにくい1種なら、
C4、D5、L1を調整。

前に行きにくい2種なら、
D1、D9、L5を調整。

と言うように患者さんの動き、
出来ない、できる動きを診れば、
瞬時にどこを触ればいいのか?が
分かるんです。便利でしょ。

もちろん、
これだけですべて解消。
と言うわけには行きませんが、
ここ1ヶ月くらい、実験も兼ねて、
腰痛の患者さんに仙腸関節調整をせず、
12種体型の調整をしてきました。

すると、

これまで私レベルの仙腸関節調整では
取り切れなかった立位の体幹の左右屈、
回旋の動きが思っている以上に取れる、
ということが分かり、

さらには、膝の痛みとか、
首の回旋制限なんかも
改善することが多い、
と言うことに気づきました。

もちろん、仙腸関節も大事なんだけれど、
色んなアプローチ法を知っていると、
応用が効いて、救える患者さんが増える、ということ。

ぶっちゃけ、患者さんからしたら、
仙腸関節だろうが、
身体均整法だろうが、
筋膜リリースだろうが、

「よくなればいい」

ので、あまり自分の実験に
ハマりすぎないように気をつけますw

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)