なんで年末に大掃除なのか?「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

大晦日ですね。

 

年末と言えば、大掃除で思わぬ動きをして

体を痛めかねない、そこで来院されても

年末年始、通院が厳しい。

 

ので、私は患者さんに

「年末に掃除はしないで
ゴールデンウイークや
シルバーウイークにしましょう」

と啓発活動をしています。

 

諸外国を見てみると、

イギリスでは春先に

暖炉のススを掃除することが大半。

 

中国では旧正月にお祝いですし、

帰省がすごいことになっていますから、

掃除をする気配がありません。

 

そして、私が大好きなメキシコ。

ほぼカトリックなので、

12月24日の午前中で仕事は終わり、

年末まで休み。

元旦は休日ですが、

多くは2日から通常モードです。

 

そもそも、なんで年末に大掃除なのか?

 

年明けに年神さまをお迎えするにあたり、

 

『ホコリっぽい家では申し訳ない、

きれいな家に来ていただこう』

 

ということで、

年末に掃除をするのだとか。

 

西洋文化がたくさん入ってきてはいるけれど、

こういった風習は

いつまで経っても変わりませんね。

 

もしかすると、20年、30年後には、

年末に大掃除というのは、

「古い考え(世代)の人だね」と

言われているかもしれませんね。

 

 

そのころ、私たちの業界は

どうなっているんでしょうかねぇ。

 

体の痛みを取り除く、と言う面では

今でも、100年前に誕生したテクニックから

派生したテクニックを使っているから、

不変だと思いますが…

 

 

 

それでは、よいお年を。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)