施術後に「大丈夫ですか?」と聞くな「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は

「また来たくなる院になるようにする方法」

をテーマにお話させていただきます。

 

今日の内容を知ることで

患者さんが知らずのうちに

「先生の院がいい」

「先生、分かってくれてる」

と思ってくれるようになります。

 

先生は、施術が一通り終わった後、

多かれ少なかれ、手ごたえがあっても

ついつい「大丈夫ですか?」と

聞いてしまいませんか?

 

実は、それが

患者さんを遠ざける、

リピートしない原因かも知れません。

 

どういうことか説明しますね。

 

 

施術が終わった後、患者さんが

 

「あ~、すごい楽!!」

とか

「さっきより軽い!!」

とか

「全然、痛くない~」

とか言うことがあると思います。

 

その時、

「よかったです」とか

「そうですか!?」とか

なんとなくで返事をしてしまわずに、

 

「あ~、すごい楽」と言われれば

「楽でしょ~!!」と言い、

 

「さっきより軽い」と言われれば、

「軽いでしょ~!!」と言い、

 

「全然、痛くない~」と言われれば、

「痛くないでしょ~」と言う。

 

 

さらには、

 

施術後の説明、

着替え、

お会計、

院を出る前

 

このフェーズのどこかに1回でもいいので、

 

かがむと痛かった、

くしゃみすると痛かった、

階段の昇り降りが痛かった.。

 

など、患者さんが来院した時に言っていた

出来なかった動きの話を出して、

「○○出来なくて困っていたんだ?」

と話を振ります。

 

するとほとんどの患者さんは、

「出来なかったんです」

「痛くて仕事になんなかった」

「家のことほったらかし」

とかいうので、

 

そこで、

 

「でも、今は全然、楽でしょ?」

 

と言うんです。

 

そうすると患者さんは、

楽になっている以上、

楽ではないと言えませんw

 

ここで、患者さん自身が

「楽になっている」

と言っているのがポイントで

 

 

ここで患者さんは

「先生、分かってる」

「痛くないん」

「ここに来れば痛みが楽になる」

という事を患者さん自身で

植え付けているんです。

 

患者さんとの他愛もない話も

コミニケションする上で必要ですが、

話をしながら、そのまま予約を取らないで

(こちらが次回の都合を聞く隙を与えない)

院を出てしまう巧い患者さんもいますので、

気を付けてください。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)