治療家の本当の仕事「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は「治療家の本当の仕事」を

テーマにお話しさせていただきます。 

 

 

患者さんの身体は、

本当はよくなりたい一心。

 

 

そのお手伝いをするのが

私たちの仕事というのを

忘れている先生が多いと感じます。

 

 

・揺らせば痛みが取れる、

・腱をコスればいい。

・2人がかりで豪快にアジャストする。

・忍者直伝の技術。1回7万円の施術

 

 

はぁ?です。

 

これらは、すべて、やる側目線。

 

本来、私たち手技療法者は、

自然治癒力を高めるのが仕事であり、

症状をゼロにするのが

仕事ではないと思っています。

 

 

理想を言えば、

7割方、症状を残しておいて、

残り3割、患者さんの力で

症状改善に持っていく感じ。

 

 

 

運動系の痛みであれば、

患者さん本人しか知らないことが

原因というのがほとんど。

 

ほとんど、と言うか個人的には

外的要因はないと思っています。

 

 

患者さんが知らず知らずにしている動き、

取っている姿勢、

日常生活でのちょっとしたことの積み重ねで

痛み要因のゲージが溜まってくる。

 

そのゲージが患者さんにとって

満タンになったときタガが外れて、

痛みがドーンとでる。

 

言わば、ダムが決壊したみたいなもん。

 

そうなると、

もう、痛みのゲージがないもんだから、

痛みはダダ洩れ状態。

 

自分で何をしてもダメ。

成す術なし。です。

 

 

そこで、私たちの登場。

 

タガが外れた箇所がどこなのか?

そこはなんで壊れたのか?

どうやって修理(治す)すればいいのか?

 

もちろん、壊れた部分ではなく、

壊れたきっかけはどこなのか?

さかのぼることも必要です。

 

 

痛みの原因場所を突き止める。

 

 

同じような痛みを繰り返すのであれば、

「クセだからしょうがない」じゃなく、

 

患者さんの生活での動き、

家ではソファに座るのか?

テーブルに椅子での生活なのか?

地べたに座るサザエさんスタイルなのか?

仕事での導線はどんな感じなのか?

 

などなど、聞いてみる。

 

その中に痛みの原因となっている

ヒントが隠されているんです。

 

残り3割、患者さんの力というのは、

日常生活を気をつけることで、

症状はよくなっていく、と思いますが、

先生はどう思いますか?

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~

【施術動画200本以上が“無料”見放題 】

お名前
メールアドレス
パスワード

ーーーーーーーーーーーーーーー
「整体知恵袋.com」
無料メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/rS87

登録していただくと、
「客商売をしている以上は知っておきたい!!
お客さん7つの層」レポートプレゼント中。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)