安易に決めつけてはいけない「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

 

結論から言うと、
原因は膝ではありませんでした。

何の話かと言うと、新患さんの話。
先日、来られた新患さん。

股関節から膝にかけて痛い。
歩行時、跛行、というか
足を引きずるように歩く。

半年くらい前から腰が痛くなり、整骨院へ。
腰はよくなったけれど、
股関節から膝裏にかけての痛みが取れない。

整骨院では
「筋肉が炎症しているから、
時間をかけないとダメですね。
しばらく通ってください」と言われたようで、
週3回きてくれと。
言われた通り、しばらく通っていたけれど、

✔症状に全く変化がない。
✔やることがいつも同じ。

ということに疑念を抱き、
通院頻度を減らした、という。

その後、縁あって院に来られたのですが、
院長である父は、「膝裏が痛い」という訴えだけで、
「それは脛腓関節だなっ。
脛腓関節をまず見たほうがいい」と断言。
私に脛腓関節を診ろ、と遠回しに言ってきます。

しかし、ここは親子の壁(?)。
すんなり言うことは聞きませんw

なぜなら、この患者さんが
痛みを訴えている部位をみて、
直感的に
(脛腓関節ではなさそうだ)
と思ったから。

施術に入る前の検査は欠かせません。
身体の状態を観て見ると、

・体幹の右捻で左股関節に痛み
(外側、大転子辺り経絡で言う環跳らへん)

・後ろから見ると左肩下がりで左抑制型。

・左パトリック陽性。

・梨状筋テスト左陽性。

・左のアキレス腱が硬い。

ということで、
身体均整法の体型調整のルールに則り、

D10、S1、
S5(アキレス腱)
右捻が陽性→右L3、左D7調整。
左下腿内旋が固いので左距骨頭調整。

で、右捻の時の左股部の痛みは取れ、
PATも陰性になり、
歩いてもらうと足を引きずる様子もなく、
患者さん本人も「あれ?大丈夫そうだ」とのこと。

ほら。脛腓関節は触ってないんです。
(一応、確認で触診はしました)

経験が増えてくると、
どうしても自分のパターンに
ハメてしまいがちですが、
やはり、施術の基本は観察(検査)

今の患者さんの身体の状態を
部分的ではなく、全体的にどうなのか?
を把握することが大事。

なんでもかんでも経験に任せて、
安易に決めつけてはイケません。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)