コロナ禍で訪れたチャンス「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

 

コロナウイルスも日本では、
若干、日常に戻ってきた感はあります。
それに伴い、人の外出も増えました。

そして、院にも患者さんが
来てくれるようになりました。

これはありがたいことですが、
みんながみんな、
「(感染を)気にしていない」
と言う人ばかりではないと思います。

そこで、今回のコロナ禍を機に、

院内のルールを変えるチャンス

だと言う話をしたいと思います。

 

と言うのも、いつの時代からか、
施術の対価と言うものが、
「時間=代金」となっています。

30分=3,000円
45分=4,500円
60分=6,000円とか。

マッサージ屋(無資格)から
始まった感じではありますが、
これが日本人には、当たり前になっていて、
整体も同じ感覚で
受け入れられている現状があります。

整体をしている側からすれば、
「マッサージとは違う」と明確に
線引きできるんですが、
受ける側(患者さん)からしたら、
マッサージも整体も同じなんですよね。

軽い症状も重い(難しい)症状も
なるだけ同じ時間内に治めようとしますが、
それはそれでなかなか厳しいのが現実。

気が付いたら、次の患者さんを
10分、20分とお待たせさせてしまう、
なんてことがまれにあります。

その解決策として、
コロナ対策(3密)を大義名分にして、

施術時間を短くする。

ことをお勧めします。

 

実際、うちの院でもコロナ前には
1時間の枠に4人、予約を取っていましたが、
今は1時間に2人。

次の予約の患者さんと
なるべくかぶらないようにするため、
必然的に施術時間も短くなります。

それでいて、従来通りの施術料を頂いていますし、
患者さんからは特段、何も言われません。

 

もし、先生が、

「施術時間は40分」

と決めているのに、次の予約がないからと
ダラダラとしてしまい、

「気付いたら1時間もしていた」

と言う経験があれば、
今回のコロナ禍を機に
時短施術に切り替えるチャンスです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)