座りっぱなしがよくないワケ「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

 

今日は「座っていることのリスク」を
テーマにお話させていただきます。

今日の内容を知ることで、
患者さんに、テレワークでの座りすぎが
いかに健康に害を及ぼすのか?と言うのを
話すことができ、また、座りすぎがもたらす、
首や腰への負担の度合いが分かります。

 

①心臓リスク大

イギリス、ロンドンで行われた研究によると
バスの運転手が抱える「突然死」のリスクは、
車掌と比べて3倍あるとの報告が。

また、

1日10時間以上座っていると、
心筋細胞が損傷したときに生成される、
タンパク質の一種である
「トロポニン」の放出量が増加する。

②寿命が縮む

現代人は1日の約60%を座って過ごす。
座りっぱなしだと寿命が縮むとの研究報告(1時間で22分)

20カ国の平均が1日約5時間であるのに対し、
日本人は約7時間と、断トツに座っている時間が長い。

座っている時間が4時間未満の人と比較すると、
1日に11時間以上座っている人の死亡リスクは
約40%も増加する。

 

③首への負担が大きい

座った状態で首の角度が真っ直ぐ(0度)だと4~6キロ
15度だと、約12キロ

30度だと約18キロ
45度では約22キロ

そして、

60度だと約28キロもの負担が首にかかっています。
これは小学校の低学年くらいの子供と同じくらいの重さです。

④腰への負担が役4割増し

座っている状態では、
腰への負担が立っている時と
くらべて約4割増しになります。

立っている状態を100だとすると、
中腰では約150、
中腰で物を持ち上げる時は約220…

腰が痛いと「座りたい」と
感じる患者さんが多いのですが、
実は、腰にかかる負担は、
立っている時のほうが楽なんですね。

明日から、テレワークで腰や首が痛くなって
来院される患者さんがいらしたら、
ドヤ顔で、今日の内容を話して、
リピートに繋げてくださいね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)