ジェフ・ベゾスが見ていること「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は
「ジェフ・ベゾスに学ぶ院に必要なマインド」
をテーマにお話させていただきます。

先日、読んだ本に面白いことが書いてあったので
シェアしたいと思います。

 

ジェフ・ベゾス。
言わずと知れたAmazonの創業者です。
彼はインタビューでよくこう訊かれるそうです。

「これからの10年で何が変わりますか?」

続けて、

こんな質問をされることはほとんどないといいます。
それは、

「これからの10年で“変わらないもの”は何ですか?」

 

ベソスは言います。

「正直に言うと、後の質問のほうが重要なんです。
なぜなら、時間が経っても変わらないものは、
ビジネス戦略の柱になりやすいからです」

“Earth’s biggest bookstore
(地球上で最も大きな本屋)”

というキャッチコピーで
www黎明期に創業したAmazon。

創業当時から一貫しているのは、

徹底した顧客主義

消費者の好み、買い物履歴などを徹底分析し、
思わず買いたくなるように仕掛けられたサイト…

Amazon、もとい、ベソスは
最新のトレンドに重点を置いたり、
新しい技術を活用して、
ビジネスモデルを考えるよりも、

消費者が望み、求めていること、

分かり切っているものを
改善するのことに鋭く焦点を当てた結果、
今があるんです。

このベソスの考えに
治療院経営に必要なモノが隠されています。

施術の世界で、変わらないもの、
患者さんが望み、求めているものは
なんでしょうか?

ホームページ制作?
チラシ撒き?
SNSの更新頻度?

果たして、これらは、
患者さんが望み、求めるものなんでしょうか?

これらは10年前に患者さんが望んでいたり
求めていたものだったでしょうか?

10年前から患者さんが変わらず、
求めているものに焦点を合わせてみましょう!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)