痛くなる前のことのほうが大事!!「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

先日、Twitterのタイムラインに
「症状を追うってどういう意味?」
みたいなツイートが流れてきました。

なるほど。なるほど。

先日、「痛い場所に原因はない」をテーマに
ブログを書きましたが、タイムリーな感じで、
それに近いツイートが流れてきました。

なので、今日は
「症状は追うな」をテーマに
お話させていただきます。


痛みって、同じ腰痛でも、
痛めた原因が様々と言うのは、
臨床を通じて先生も
ご存知かと思います。

先生も新患さんの問診時に
色々、聞くと思いますが、

✔子供をおんぶした。
✔仕事でいつも左下の棚からファイルを取る。
✔ゴルフ。
✔廃品回収の品を持ちあげた。
✔風呂掃除…

これをひとくくりに「腰痛」として処理するのか?
それとも、
明らかに腰が痛くなった原因が分かっているので、
それに対して、「どんな動きで痛めたのか?」
を考えてアプローチするのか?

経験上、前者のように単に「腰を診る」だけでは、
症状が良くならないことがほとんど。

ひと時の慰安ならまだしも、
「明日、一週間後に山登りなんです」とか
「明日、試合なんです」とか言う人に、
60分、腰のマッサージをして、
良くなると思う方がオカシイ。

私時自身の
施術の考え方、
向き合い方として、
「痛みがある場所に原因はない」
思っていますから、患者さんがいくら、
「腰が痛くて痛くて」と神妙な顔をしていても、
話半分でしか聞いていません。

それより、
痛くなる前のことのほうが重要。

腰が痛くなる前に、
✔普段と違う何かをしていないのか?
✔普段、どんな動きが多いのか?
✔仕事の時、どんな姿勢なのか?
✔生活様式は椅子なのか?地べたなのか?
✔寝る時はベッドなのか?布団なのか?

など、痛くなる原因って、
ぶっちゃけ患者さんの普段の身体の使い方が
原因なんですよねw

だからそれを聞かないで、
腰痛で来られた患者さんに
いきなり腰をモミモミだなんて、
石に灸みたいなもの。

身体均整法の創始者である亀井師範は、
病は追うな。運動系の姿なり、
表情を変えることに精励せよ
と遺しているし、

三代続く古参の均整師先生も、
「症状を追っていたのではよくならない」と
言っています。

出てしまってる痛みは【結果】です。
結果は変えようがありませんが、
その結果を出した【原因】を
探す、見つけることで、
結果を変えることができます。

『痛みがある場所は原因ではない』
というのを証明しているものがこちら。
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

先生は症状ばかり追ってしまいがち?
だったら、症例事例集 がおすすめです。

登録してもらうと毎週金曜日に1動画が
特設サイトにアップされます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)