患者さんの声、テッパンの型「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

院の信頼性を高めるために、
患者さんの声(テスティ)をもらえ、
と言われてきて、久しいですが、
患者さんの声、もらっていますか?

もらっている先生は、
単に紙を渡すだけで終わっていませんか?

昔は、質より量でしたが、
SNSが広まっていく中で、
量より質に変わって来ました。

質のいい患者さんの声を
もらおうと思っても、書くのは患者さん。
なかなか自分の思っている声を
もらうことができません。

今日はその解決策の一案をシェアしたいと思います。

結論から言うと、
人は誰でもヒーローになりたい。と言うこと。

例として、映画。
映画は疑似体験ができますよね?

男はみんな分かると思いますが、
アクション映画を見終えた後って、
なぜか映画の主人公みたいな感じに
なってしまったりします。

これと同じで、
患者さんもたくさんの整骨院、整体院がある中、
どこが一番、いいのか?
どこが私の痛みを良くしてくれるのか?
どこが安心して行けるのか?
考えながら、検索しています。

その考え、不安を消してくれるのが、
カスタマージャーニーです。

カスタマージャーニーとは、
顧客の冒険、とでも言うのでしょうか。

患者さんのストーリーのこと。

患者さんのストーリー?
なんのこっちゃ。と思うかもなので、
ストーリーのテッパンの型の話をさせてください。

これは神話の法則と言われ、
流れは全部で12個。

①日常の世界
②冒険への誘い
③冒険の拒否
④賢者との出会い
⑤戸口の通過
⑥試練、仲間、敵
⑦最も危険な場所への接近
⑧最大の試練
⑨報酬
⑩帰路
⑪復活
⑫帰還

この流れをみて、何か気づきませんか?

スターウォーズ、ドラクエシリーズ、
水戸黄門、ランボー、ロッキーとか、
ワンピースやドラゴンボールなんかも
同じような流れになっていることに気づきます。

人気がある漫画、
興奮する、続編がある映画などは、
必ずと言っていいほど、
この流れでシナリオが出来ています。

これと同じような形で
患者さんの声を書いてもらううんです。

さすれば、
院を検索している患者さん候補は
興奮を隠せず、先生の院で
すでによくなった患者さんの疑似体験をして、
自分の未来も見えてくることで、
先生の院に行きたいとなるでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)