その動き、今の生活に必要ですか?「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

先生はこんなことを
患者さんから聞かされませんか?

「膝が痛くて正座ができない」
「昔は後ろで手が繋げたけど、今は繋げない」
「前に曲げた時、手が床に着かなくなった」

などなど。

施術前に問診をしていると、
色んな【過去】の話をされます。

個人的な見解ですが、
痛みは可動制限を生み出します。

なので、痛みがある段階で、
昔できた動きは今はできない(ハズ)んです。

できない動きを改善に導くのが
私たちの使命でもあります。

でも、ちょっと待ってください。

患者さんが訴えるその【過去】の話。
その動きって、今の患者さんの生活に
果たして必要な動きなんでしょうか?

直接、
「その動きは今の生活に必要不可欠ですか?」
と聞くこともできますが、なかなか鉄の心がないと
聞けないと思うので、

問診時に【過去】の話をされたら、
「その前に、今、生活しているうえで
困る痛みはなんですか?」と聞いてみましょう。

すると、

膝なら、階段の昇り(降り)が痛い、
腰なら、靴下をはく時、足が挙がらない、
顔を洗う時、腰を曲げると痛い、

など、本来の主訴を言ってくれます。

もちろん、こちらから聞くことも大事ですが、
場合によっては誘導尋問みたいになってしまうので、
できれば、患者さんから話してもらうことで、
自分の今の位置を確認してもらいましょう。

できた自慢はもういいです。
いま、何ができないのか?
よくなった何がしたいのか?

ここが大事。

これまで出来ていた動きをよくするのも大事。
元のいい状態にしてあげたい気持ちも分かります。

ですが、

患者さんにとってその
「昔できた当たり前の動き」は
今の生活に本当に必要なんでしょうか?

 

追伸:
毎週末は症例解説動画配信の日。
「見るだけで臨床経験が積める」と好評です。

明日は
尻を触らず痛みが取れたお尻の痛み」です。

登録ページだけでも見てみてください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)